読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空手ヲタと人間は共存できる 

早期退職後のセカンドライフ(空手教室と北海道生活と興味のあること)をひたすら書いています。

詐欺罪について考える

詐欺罪(さぎざい)とは、

 

刑法246条
1.人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。
2.前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

欺罔(ぎもう)

欺罔とは、人をあざむき、だますことです。 詐欺罪において、「欺く」とは、事実および評価についての人の判断に誤りを生じさせる行為を指します。 しかし、騙す行為の全てが詐欺罪の欺罔行為に該当するわけではありません。

 

詐欺罪は認定が難しい

詐欺罪の特徴は他の刑事事件に比べて判断が難しく、詐欺罪が成立する判断基準としては「欺罔(ぎもう)→錯誤→交付行為→財産の移転」この因果関係が一連の流れで行われている必要があります。

【1】犯人が騙すつもりで被害者を騙した(欺罔行為)
【2】被害者が騙された(錯誤)
【3】被害者が騙されたまま、自分の財産を処分した(交付(処分)行為)
【4】処分した財産を被害者が、犯人または第三者に渡した(占有移転、利益の移転)

この交付行為→財産の移転 は、振込記録などをみて確認できますが、問題なのは、欺罔→錯誤の部分です。

詐欺の場合、この欺罔行為を行為者の主観面の立証が必要なため、詐欺の立証が大変難しくなっています。 例えば、相手にお金を貸したが返って来なかった場合、仮に相手が本心では「お金をだまし取ってやろう」などと考えていても、「後でしっかりと返すつもりだった」などと言われてしまえば、詐欺行為として立証することはできません。

 

とネットで調べるとあります。

 

f:id:gbh06101:20170226143516j:plain

 

今回のやり方は明らかに「ぎもう」に当たると思いますが、刑事での立証は難しい?のでしょう。

 

おそらく弁護士に聞いても、ネット犯罪に詳しい刑事専門の弁護士以外は内容について上のネット記事以上のものはわからないでしょうし、できるとしてもこれに近い判例を調べてあったら渡してくれるくらいだと思います。

 

・・・弁護士も医者と一緒で自分の専門以外の知識はあまり持っていませんからね。

 

ただ腑に落ちないのはオレオレ詐欺とか還付金詐欺の場合

 

「オレオレといったら婆ちゃんが勝手に孫だと勘違いして、口座を教えたら振り込んできた。あとで分かったので返そうと思っていた・・・」

といえば詐欺罪でなくなりますね( ;  ; )うん

 

また、「還付金があるのでその前にお金を振り込んでください・・・といってお爺ちゃんがお金を振り込んだら、自分は役所の人間ではなく勝手に爺さんが勘違いした。自分のところに振り込ませてもよかったが、後で自分の連絡先がわかると相手の親族とかに押しかけられるので便宜上嘘の連絡先と他人の口座を使った」といえば詐欺は成り立たなくなる??   えっ👋

 

本当にΣ(・□・;)

 

うーん、それでもやっぱり民事でやるのかとりあえず・・

 

なんかグレーだなあ、詐欺罪 。゚(゚´ω`゚)゚。