空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

フック(カギ突き)

スポンサーリンク

これが顎をかすめ意識が飛んで試合で負けたことがあります。

・・本当に顎をかすっただけでした。

 

f:id:gbh06101:20170304073956j:plain

 

昔、ロシアンフックというのがあって身を沈めて腕だけでフックをするものです。

 

これだと膝蹴りをもらう可能性があるぶん相手のパンチは当たりません。

 

当時かなり練習しましたが・・

  ボクシング系か顔面ありの空手しか使えませんね。

 

フルコンタクトではカギ突きと言います。

 

f:id:gbh06101:20170304074029j:plain

 

腕をほぼ90度に曲げ腰の回転でパンチを打ちます。

 

顔面はないのでボディー狙いですね。

 

私はレバー打ちとかはよく分からないので脇の骨のところを狙います。

・・・ただ・・・ボディー打ちはあまり得意ではありません(;_;)

 

フルコンタクト系では空手着がクッションになってパンチの威力がうまく伝わりません。・・ただ腕力がないため自分のパンチが軽いというのもありますが・・・

 

フックはやはり相手の顎を狙いたいですね

・・その威力は体でよく知ってますから。( ;  ; )

 

それに顎に当たれば力の弱い女性や軽量な男性でも相手を倒せます。

 

普通の打撃は相手にダメージを与える目的のため、やはり力の強い方が断然有利です。

 

フックが顎に当たれば脳が揺れます。いわゆる脳震盪です。

相手は意識が飛ぶか、体が動かなくなります。・・これも身を持って知っています。

 

柔よく剛を制す柔よく剛を制す・・の技ではないでしょうか。

 

 

 

それで必ず減量できるハイブリット減量法を考え実践しました。

 

要は 摂取カロリーを抑えて、それを8時間内に食べる   です。

 

できれば消費カロリーも考えた方がいいのでしょうが、それは日々の不確定な要因なのでできるだけシンプルにしました。

 

努力はあまりいりませんでした(私の場合ですが・・・)

 

それができれば苦労しない💢 と言う人も多いでしょう。

 

でも少しの我慢とマメな記録でやれます。

 

ライ◯ップみたいにお金もかかりません。