読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空手ヲタと人間は共存できる 

早期退職後のセカンドライフ(空手教室と北海道生活と興味のあること)をひたすら書いています。

早期退職と占い(ちょうどこれが100記事目です)そして私の自己紹介です。

私には記念すべき100記事目になりました。🎉

 

 こんな記事を読んでくださる皆様には感謝です🙏

 

今回は私の自己紹介と1年前の早期退職について書こうと思います。

自己紹介・・付け加えました

下に退職の経緯を書いていますが、昨年長年勤めた会社を54歳で早期退職し次の会社を3ヶ月で退職、その後今の会社でサラリーマンをしています。

 

今の会社で4ヶ所目の会社になりますが、一度も会社が途切れたことがありません。

働きっぱなしということです( ;  ; )

 

退職後、テレビで見るようなセカンドライフをするものと思っていましたがやはり前の通りのサラリーマンをしています。

 

岩手県生まれですが、結局子供の頃から憧れていた北海道で暮らすことを選択しました。

 

北海道移住ということになりますか( ͡° ͜ʖ ͡°)

そんな北海道の生活と日頃の出来事をSNSをほとんどやったことがない私が書くことにしました。

 

札幌でサラリーマンをしながら、空手教室も3月から始めました。

 

みなさんのおかげで100記事書けましたが、まだまだ初心者のおっさんブロガーです。

北海道サンタの名前の由来 

なんとなく幸せそうな名前で、サンタクロースが好きだからです。それだけです。

 

妻は占い師

妻は白石区で売れっ子の占い師をしています。

毎日忙しそうです。

私が今はほとんど主夫ですね。

 

趣味 

オートバイとアップル製品収集です。

 

f:id:gbh06101:20170426212557j:plain

うちの犬

小粒といいます。本当に小さいです。

f:id:gbh06101:20170426212752j:plain

早期退職について

ほんとの話、数年前までまさか自分が会社を早期退職するとは思ってもいませんでした。

このまま60歳まで前の会社の正社員として働いて(一応3メガ損保のひとつです)、65歳までは契約社員として勤務・・・その後は年金もらいながら、シルバー人材センターあたりで紹介された先でアルバイトでもしながら暮らそうなんてなんとなく考えていました。

 

が、損保はどんどん合併をはじめてしまったんです。

 

今回の合併は2回目で、2回とも吸収された側です。(それでも名前は残っていますが)

 

1回目の合併の時、当時の課長が5000万円もらって早期退職しました。(首宣告されて)

 若かった私は、この課長使えないし「5000万円も貰えるからラッキーじゃん」くらいに考えていました。

 

そして2回目の合併の際に、早期退職の募集がまたまたありました。

(これは新聞にも載りました)

 

 

 

早期退職の現実

1回目の早期退職の募集(3年前)

早期退職のターゲットの社員は何回も呼び出しを受け、辞めるまで説得が続きます(パワハラにならない程度に)

早期退職を自らしたいという社員はなかなかいません。・・特に仕事ができない社員ほど会社にしがみつきますし、自分がターゲットになることなどその瞬間まで考えていません。

辞めてもらう社員を会社が選ぶ際には、小さい子供がいるとか受験を控えている子供がいるとか介護状態の親がいるとか関係ありません。

その社員がどれだけ会社に必要か、必要ないかで決めています。

・・実際に首宣告された社員を見たらそれが分かります。

 

辞めてもらっては困る社員には、部長から「まさか辞めないよなあ」とやんわりと辞めないように面談の際に話があります。

・・・この時には私にも「辞めないよね」という念押しがありました。

 

がしかし、もともと会社に忠誠心が少ない?(ない)私は迷いました。高額の退職金に(;_;)

 

結局、考えた挙句 占い(当たると有名な占い師)の結果で、その時は退職を見送ることにしました。

占い代金は2万円近かったです。

ついでに、10万円もする印鑑も買いました。

 

f:id:gbh06101:20170416192519j:plain

 

2回目の募集(1年前)

1回目の募集(首切り)が500人近くだったのに比べ、2回目は200人くらいでした。

 

それも退職金が前回より減らされ、私クラスで500万円下げられていました。

それと2回目は、部長からの引き留めも何もなく淡々と面談で説明がされました。「今回はついに私がターゲットか」と思って他の社員にも聞いてみましたが、同じように淡々と説明されただけだったそうです。

説明の内容は・・・

55歳以降勤務したら給与が半分になる?・・・えっ、聞いてないよ

それいつ決まったの!(◎_◎;)

 

退職金も今後どうなるかわからない・・えっ、そんな非常識な    Σ(・□・;)

 

それが嫌なら、早期退職に応募してください・・との内容。

 

他の社員はいつもの脅しだよとか軽く受け流していましたが、これはシビアな「お金」の問題です。

 

f:id:gbh06101:20170416190708j:plain

 

  真剣に考えねば。٩( ᐛ )و

 

エクセルで今後もらえる給与と退職金を計算しその差額を出し、勤め続けた際のリスク辞めた際のリスクを計算しました。

 

そして結局「妻の占い」で辞めることに決定しました。

この時は身内なので料金はタダです。

・・私の机上の計算でも辞めるという結論だったのでこれで確信できました。( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

妻はこの二年間で立派な占い師に成長していたのです。

 

1回目の占い師にも54歳から56歳くらいで会社辞めるって言われましたしね。

 

辞める時に後悔したこと

その後、人事部に所定の用紙に辞めることを書いてメールで送りました。

 

f:id:gbh06101:20170416190753j:plain

 

当然一回くらい上司から何か話があるかとも思っていましたが、全く何もありません。

それどころか何もなかったかのように、仕事が進んでいきます。 

 

メールを出したのが11月末で、12月の中旬に人事部から「辞めることを許可しますよ」メールがきましたが上司からは何の反応もありません。

 

この「辞めることを許可しますよ」メールは、何か会社でまずいことをやらかしている社員は早期退職の対象にならないので、その見極めを人事部がした上で「あなたは悪いことをしていないようだから、早期退職をさせ退職金を払ってあげますよ」という許可?をしていただく制度らしいです。

 

逆にいうと、「悪いことをした社員はこのままずっとこの会社で働いてもらうぞ」ということになり、会社には仕事ができる将来有望な社員とやらかしちゃった社員しか残らなくなりますが・・・・大丈夫でしょうか?

辞める会社のことを心配しても仕方がないんですが。

 

このままで年を越せないと思い上司に「私が辞めるという連絡入っていませんか?」と聞いたところ「これは人事の事項だからこちらからは口を出せない」と言われました。

 

「こいつ相変わらず頭悪いな。ひと1人辞めるのに何も考えないんだなあ」と思い、引き継ぎ計画をこちらから提案し、有休消化の間に次の仕事を探すプランがあることを説明しました。

 

その後、転職に向け悪戦苦闘?するのですがそれは次回にします。

 

辞める時に後悔したことは、こんなことなら遠慮せずに

「有給もっと使っておけばよかった」でした。