空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

田中聖のコメントでも話題の武井壮の少年時代に学ぶ「考える力」の重要性

スポンサーリンク

武井壮さん、昨日のサンデー.ジャポンでの元KAT-TUNのメンバーである田中聖の大麻所持に対してのコメントで話題になっているようですね。

武井壮の少年時代

あるテレビ番組で武井壮が話していることを聞いて本当???ってビッックリしました。

私は武井壮というのはアスリートで猛獣と空想の中で戦う白いタンクトップのタレントということくらいしか知らず、口を尖らして話す話し方などからあまり好きなタレントではありませんでした。

f:id:gbh06101:20170528201216j:plain

テレビでの武井の話によると、小さい時に父母が離婚、母親はいなくなり、父親は別に家庭をもち兄と中学生の武井壮の2人だけで生きていかなければならなくなったとのこと。

 

なんと、麒麟の田村以上の過酷な少年時代ではないですかd( ̄  ̄)

 

それから武井の考えたこと

それから武井の考えたことがすごかった。

勉強して学年トップを取り、奨学金をもらって学費と生活費を賄う。

です。

なかなか考えつかないし、普通は実行できません。

武井は本当に実行し、中学、高校、大学と勉強とスポーツの特待で学費と生活費を賄ったようです。

これが嘘だいう噂もありますが、嘘なら今頃大騒ぎになってタレント生命は絶たれていると思うので(あの、ショーンKのように)本当の話だと私は思います。

これは考える力の問題です

兄が癌で死んだとか、それからタレントになるためにやったこととかの話もあるようですが、私はこの話が一番すごいと思います。

①子供が親に頼らずで生きていく(結論)

          ⬇️  

②学費と生活費をどうするか? (考える)

          ⬇️ 

③勉強をしてトップをとれば、学費免除と奨学金(方法)

          ↓

    実行あるのみ

ということを子供が考えつくでしょうか?

③にはたどり着かず、①で考えがとまりあとは流されてしますのが普通かと思います。

この人は「考える力」がずば抜けて優れているのでしょう。

 

f:id:gbh06101:20170529001039j:plain

 スポーツも見かけによらず理論派で、どうしたら早く走れるか?どうしたら強くなれるか?を徹底して考えてから練習をするそうです。

あの猛獣と妄想の中で戦うネタ?もそこからきているのかもしれません。

まとめ

まず結論を考える。

この場合は①になります。

①から②のそのためにどうするか?を考えます。

そして③の「方法」にたどり着きます。

③にはいろいろなやり方があると思います。

③を導き出すため②を武井壮のような天才肌ではない私のような普通の人間は考え抜きましょう。

考え抜く力 (PHP文庫)

考え抜く力 (PHP文庫)

 

あとは③を実行するだけです(そんなに簡単ではないといわれると思いますが・・・)

ひとの多くは現状にとらわれ・・・をどうしよう?・・・したいなあ?で考えがとまってしまいます。

やせたいなあ。会社をやめたいなあ。PVを伸ばしたいなあ・・・と考えているあなたです。(私も人のことは言えませんが)

幼い頃に武井壮のようにこのことを学んでいれば、もっと違う結論(人生)になっていたかもしれません。

私は今からでも、この①②③のプロセスを実行していこうと思います。

f:id:gbh06101:20170529001410j:plain

あなたも、もし自分の行動にこの①②③が抜けていたら、今からでも取り入れてみてはいかがでしょうか。(^ ^)

追記

私は最近はてな★について、外すかどうかずっと考えていました。

案外この問題について考えている人も多いようでう。

最初ブログをはじめたころは★がモチベーションになりましたが、★が増えすぎ誰からもらった★なのかさえ分からない状態になっています。

はてブの方が、誰がブログをみてくれたのかがひと目で分かります。

また、はてブをつけていただいた方に、さらに★もつけるという2重の手間もかけているようです。

★を外すことにより、ブログも軽くなると他の方のブログに書いてありました。(表示速度を少しでも上げるためにAMPモードも取り入れているので)

それで、考え抜いたすえ今日からはてなスター★を思い切って外します。

*もちろんこちらからは★をつけさせていただきます。(笑)

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今日は週の初めでだるいと思いますが、栄養ドリンクでも飲んで頑張っていきましょう。できる範囲で。

空手教室でも、どうしたら健康寿命を伸ばせるか?を考えてやっております。興味のある方はご連絡ください。