空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【松居一代独占手記】『週刊新潮』と『週刊文春』どっちがただしいの‼️ふたつの雑誌をどこよりも分かりやすく比べて解説します!文春では新たな事実が。

スポンサーリンク

分かるようにf:id:gbh06101:20170720211251j:plain

 

水曜日から松居さん自身がかなり宣伝していた週刊新潮が発売になり、記事を早速みてみました。

 

松居さんがいっていることが事実なら、今までの報道はかなり間違っていることになりますが・・・。

 

 チーム松居は最初から男性2人?

チーム松居は最初は松居さんと男性2人、女性1人の計4人で結成され、解散し新たに男性2人の新チームになったとの報道がありました。

週刊新潮

f:id:gbh06101:20170720211341p:plain

 

最初から『デッチ』という松居さんの弟子とその手下?の『たっくん』の2人。

「たっくん」が息子の知り合いであることは後で知った。

 

この『たっくん』の動画編集の腕がどんどん上げって、だんだんYouTubeが手の込んだ作りになった。

 

f:id:gbh06101:20170720213908p:plain

出典:週刊新潮

動画の背景がニューヨークの絵に変わったのは、松居さんが近々ニューヨークを拠点にビジネスを展開したいから。

週刊文春

f:id:gbh06101:20170720211354p:plain

『チーム松居』のリーダー格・A氏(おそらくデッチさん)の母親が連絡もままならず心配している。

 

『チーム松居』はモデルプロダクションを経営するAと、その部下のB(たっくんと思われます)

もうひとり「ITに強いスタッフ」がいる。

 

AとBは松居さんの長男の友人でイベントサークルを通じて知り合った仲間である。

B氏の母親(たっくんの母親だと思われる)も家に帰らない息子の安否を気にかけている。

 

かなり主張が違います。

文春側のネタ元はどこなのでしょうか?

 

今回の週刊新潮での松居さんの主張

黒い権力、黒い膿とはホリプロ⁉︎

f:id:gbh06101:20170720212232j:plain

出典;ウィキペディア

これかなり前からわかってましたね(^ ^)

 

ホリプロが各テレビ局に圧力をかけ、松居さんのYouTubeをはじめとする「松居ネタ」をとりあげないようにさせた。

 

女性セブンはその手先となって動いていた。( ´Д`)y━・~~

船越さんと川島なお美さんの件 

松居さんは、反省し夫の鎧塚さんにお詫びに行こうとしたが俳優の『的場浩司』さんが間に入ってくれ「こと」を収めてくれたので結局行かなかった。

 

f:id:gbh06101:20170721044351j:plain

 出典:的場浩司オフィシャルブログ

 

また、自宅で船越さんの大量の手紙を発見したのがこの事件の発端で、片平なぎささんの手紙もあった。

 

「片平なぎさ」さんも「ホリプロ」ですd( ̄  ̄)

f:id:gbh06101:20170721044627j:plain

出典:ホリプロオフォシャルサイト 

 

「的場浩司」と「片平なぎさ」いう新人物が登場しています。

仏壇が投げられていた件

喧嘩をした松居さんが、別宅に「これからは自分で仏壇のことはしてください」ということで仏壇を別宅に運んだのは事実だが紙袋の中に乱雑に入れてはいない。

 

船越さんは、ご位牌の両親の命日を間違うようないい加減な人間。_φ( ̄ー ̄ )

DVの件

DVなどしていない。

 

船越さんが血だらけになるくらいのDVなら救急車が出動しているはず。それなら、出動記録を出せばいい。

 

ハサミでマネージャーの上着を切ったのなら、その上着を証拠として出せ。

船越の別宅からノートとパスポートを持っていった件

死のうと思って船越の別宅に行ったところ、鍵が変えられておりセコムをよんで開けてもらった。

その時にノートとパスポートを見つけ持ち出した。

 

でもこれ、立派な住居不法侵入と窃盗であると思いますが・・・・。( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

松居さんは、週刊文春と他のメディアの今までの記事に対して今回の週刊新潮の取材で反論しています。

 

今回の週刊文春の報道

・「大宮エリーさんと(船越さん)は男女の関係はない」と船越さんの代理人弁護士は話している。

松居さんも「船越があんな女と寝るはずがない」と知人に語っていた。

 

・「証拠は全部揃っている」と言いながら、いまだに「恐怖のノート」の一部しか公開していない。

 

・松居さんは船越さんから送付され7月10日に投函された「離婚調停の申立書」を無視し続けている。

 

・松居さんはハワイ地裁からの接近禁止令に対する「出廷命令」も受け取っていない。

 

f:id:gbh06101:20170720214248p:plain

出典:週刊文春

日本に帰国したこともあり、「公聴会」に出席していない。

 

松居さんのパフォーマンスに押されて、「週刊新潮」にばかり目がいっていましたが「週刊新潮」は約束もあるのか?一方的に松居さんの主張を掲載しているだけのような気がします。

 

肝心の松居さんの「路上で味噌汁」の写真を撮った際の情報源も明かしていません。

 

それとあくまで松居さんの手記(暴露話)なので、週刊新潮としての意見もほとんど入っていません。

 

私的には、なんか文春の言っている方が正しいような気がします。( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

松居さん自身も、何が本当か嘘かわからなくなっているような気がするんですが。

それとも他に目的があるんでしょうか。( ´ ▽ ` )