空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

『女装は日本の文化』女装願望を持つ男性が急増中⁉︎北海道がマイノリティーに寛容な理由は⁉︎

スポンサーリンク

f:id:gbh06101:20170810043537p:plain

ヤフーニュースによると、一度でいいから女装をしてみたいという『女装願望』を持っている男性が増えているそうです。

それと、札幌にも女装バーがあったのを発見しました。

知らなかった・・・。

男性が女装をしたがる理由

・女性の気持ちを味わってみたい

・自分の中の女性らしさ、男性らしさを確かめたい

などだそうです

このヤフーニュースでは「初めての女装体験」をサポートする大阪市内の「女装紳士」という店を経営する「井上今理」さんを紹介しています。

女装体験を通じて多くの人の人生観を変えてきた」そうです。

女装の「ビフォーアフター」

「女装紳士」ではまず女性用の服を着て、気分を変えてからメイクをするそうです。

完成後は20種類のカツラから好みの二つを選んで着用し記念撮影をします。

この女装紳士を訪れる男性は、毎月20人〜30人もいて見た目も普通のノーマルな会社員が多く、医師や議員がきたこともあるそうです。

 出典:女装紳士ツイッター

「一生に一度」女装体験をしてみようと決意をしてみんなきているんですね。

ここで女装した男子の感想で最も多いのが「男らしさからの解放」です。

中には中学生の息子も連れてきたいと言っている男性もいるようです。

確かに小さい頃から「男はこうあるべき」と言われて育ってきましたから、なんかわかるように気がします。(^ ^)

 元都知事の石原氏のツイートにも返信したそうです

元都知事の石原さんがツイートで「女装」についてネガティブなツイートした時に、井上さんは「昭和天皇も幼い時に魔除けとして女装をした。女装は日本文化の一つです」と返信し428人から「いいね❤️」をもらったとのこと。

あっぱれです(^ ^)

札幌にもあった「女装バー」

札幌ススキノに今年の5月下旬に「7丁目のパウダールーム」という「女装を楽しみたい全ての方のサロンバー」がオープンしていたらしいです。

 

f:id:gbh06101:20170809202441p:plain

出典:7丁目のパウダールームHP

 トランスジェンダーだけでなく、ノーマル層にも女装が定着してきていて、かなりの『女装子』が店を訪ねているみたいですよ。

 

ヤフーニュースでも紹介されています

出典:7丁目のパウダールーム ツイッター

「7丁目のパウダールーム」のツイッターです

出典:7丁目のパウダールーム ツイッター

かなり綺麗な方々ですね( ^ω^ )

北海道の風土にあっている『女装』

先日記事にしたのですが、札幌市は政令都市で初めて「パートナーシップ宣誓制度」を導入しています。 

北海道大学の瀬名教授という方が

『北海道は伝統的な文化にとらわれない自由な空気が似合う。「かわいい」「かっこいい」に惹かれる若者文化を中心にジェンダーの呪縛が少なくなっており、異性装という言葉自体が将来死語になるかもしれない』とコメントしています。

北海道の中でも特に札幌には、この「なんでもウエルカム」の精神が非常に強いと感じます。

だからマイノリティーの方にもとても寛容なんです。(^ ^)

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

私はこういうところに行ったことがないので、人生で一度くらいは行ってみたいなあと思います。