空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

『北朝鮮』ミサイル発射確率は90%‼️3分50秒で日本に到達⁉︎ミサイルが発射された場合の「注意点」についてまとめました。

スポンサーリンク

f:id:gbh06101:20170813082602p:plain

出典:Googleマップ

昨日のテレビ朝日の「サタデーステーション」で、北朝鮮の「ミサイル発射確率」をその筋の専門家が「90%」と答えていました。

中谷元防衛大臣も、高知駐屯地にPAC3が配備された点では安心できると話す一方で、「ミサイルが発射された場合に気をつけること」を話していました。

こんなこと、生まれてはじめてです。

特に島根、広島、高知ではかなり緊張が高まっているようです。

北朝鮮 のミサイルが日本上空に到達する時間は3分50秒⁉︎

北朝鮮がミサイルを発射した場合の弾道を番組で検証していました。

北朝鮮の元山から発射されたミサイルは「3分50秒後」に日本上空に到達し「5分5秒後」に日本上空を通過するそうです。高度は380km。

9分後には高度680kmに達し「17分後」にグアム近海に着弾する計画とのこと。

元自衛艦の司令官は、北朝鮮にとっては「はじめての遠距離ミサイル」なので予想外の軌道で飛ぶ可能性もあると言っていました。

・・ということは、どこに落ちるかわからない( ;  ; )

 

f:id:gbh06101:20170813083310j:plain

出典:BBC

また、ブースター部分が日本に落下する可能性もあると指摘しており、このブースターは「全長15m重さ約3トン」とかなりの大きさです。

去年の「Jアラート」が流されたのが発射から「3分後」のため、対応が間に合わない恐れがあるとも話しをしていました。( ´Д`)y━・~~

Jアラート(全国瞬時警報システム)とは

これは「内閣官房国民保護ポータルサイト」に掲載されています。

内閣官房 国民保護ポータルサイト

携帯電話が鳴り響き、外からは避難勧告が流れるやつです。

このサイトを知っている方はいいのですが、知らない方も多いと思うのでもっと国民に宣伝すべきだと個人的には思います。

ここに北朝鮮からミサイルが発射された場合の「国民の対応」が書かれています。

北朝鮮からミサイルが発射された場合の対応

日本の領土・領海に落下する可能性があると判断した場合

①Jアラートが一斉に鳴り響く(24時間いつでも発射された場合、携帯電話と外部スピーカーから流れます)

携帯電話は地震・津波速報の時のエリアメールと同じです。

②日本の領土・領海に落下する可能性があると政府が判断した場合

       ↓

直ちに避難するようにJアラートで続報が流れる

       ↓

⑴屋内にいた場合

できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋に移動

⑵屋外にいた場合は

近くの頑丈な建物や地下(地下街や地下鉄の中)に避難する

近くに建物がない場合は、物陰に隠れるか地面に伏せて頭部を守る

日本の領土・上空を通過した場合

①Jアラート

  ↓

続報で日本上空をミサイルが通過したことがJアラートで流れる

*注意点

ミサイルのブースターや破片が落ちて来る可能性があるので絶対に近寄らない。

警察や消防に連絡する。

日本の領海外の海域に落下した場合

①Jアラート

  ↓

②落下物についての続報

ただしこれは、ミサイルの迎撃の状況によって変わる可能性があるそうです。

 

あとは、トランプ大統領と安倍首相の外交手腕にかかっているようです。

北朝鮮のミサイル発射は何としても阻止して欲しいものですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今日は空手の練習の後、「きたえーる」という体育館で本部の子供達の空手の試合があるのでその応援に行きます。

本部の子供達、1勝でもできるといいんですが。