空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

『東京地検検事』児童ポルノDVD所持で懲戒処分‼️性的好奇心を満たす目的⁉︎

スポンサーリンク

f:id:gbh06101:20170923101250p:plain

公務員の不祥事が続きます。

警察官の次は、さらに悪を追求する立場にある検察官です。

今度の罪状は「児童買春・ポルノ禁止法違反罪」です。

罰金50万円は即日納付され、停職2ヶ月の懲戒処分後自ら22日に辞職しています。

でもさすが検察庁と思ったの、この検事の名前を公表していることです。

今回の事件の概要

犯人は東京地方検察庁公安部の菅井健二検事(44歳)です。

健二という名前の検事さんですね。( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

f:id:gbh06101:20170923100250j:plain

 

今年の4月中旬に子供のわいせつなDVDを自宅に所持していたことが、別の事件の捜査中に判明し、本人が「自分の性的な好奇心を満たすために所持していたもの」と認めました。

「児童買春・ポルノ禁止法違反罪」で略式起訴(交通違反と同じやつです)され罰金の50万円は即日に納付されています。

9月22日に停職2ヶ月の懲戒処分を出されると同時に検察庁を辞職しています。

謹慎期間があったでしょうから、その時から処分を受けたら辞めようと思っていたんでしょうね。( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

「児童買春・ポルノ禁止法違反罪」とは?

ざっくりいうと、18歳未満の子供に対しての売春を含むいかがわしい行為を禁止している法律です。

 

f:id:gbh06101:20170923100321j:plain

 

最近では、俳優の「小出恵介」がやったやつですね。(-.-;)y-~~~

これは直接的な行為だけではなく、その所持についても禁止しています。

「児童ポルノ所持罪」

1年以下の懲役または100万円以下の罰金 となっています。

 

この法律は、DVDに限らずPC等に保存していた場合も対象になります。

今度のは結構処分が重いと感じる理由

 

これまで続けて公務員の不祥事について記事にしましたが、警察官も消防士も名前を公表していません。

警察官なんかは、処分も軽いものでした。

今回は名前を公表していますし、懲戒処分も停職2ヶ月です。

その点はさすが検察というところでしょうか。_φ( ̄ー ̄ )

検察庁を辞めても、弁護士資格はあるので弁護士ができます。

実際に検事を辞めて弁護士になった人を「ヤメ検」とよんでいます。

これで菅井元検事は、弁護士として活動するとしてもかなり制限がかかります。

こんな小児愛好者の弁護なんか誰も受けたくないですよね。

検察は、この元職員の将来まで潰したことになります。

さすが鬼の検察( ̄▽ ̄;)

 

f:id:gbh06101:20170923100717j:plain

このくらい公務員の不祥事には厳しく対処してもらいたいですね。( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

昔ヤメ検と仕事をしたことがあるんですが、かなり怖い人でした。