空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

『札幌アレフ』施設に公安調査庁立入検査‼️施設の設備改造か⁉︎地元住民にはオウムの悪夢再来‼︎

スポンサーリンク

f:id:gbh06101:20171009084156p:plain

 

10月8日の午後5時頃に、札幌市白石区にあるアレフの施設に公安調査庁の検査が入りました。

10月8日の午前中に空手の生徒さんと、アレフの話をした矢先です。

(札幌市白石区の住民にとっては死活問題ですし)

その際にアレフ側から、かなりの抵抗があったようです。

 

公安調査庁による検査

10月8日の午後5時頃に、公安調査庁の職員25人による施設への立入検査が行われました。

 

f:id:gbh06101:20171009084814p:plain

 

目的は活動状況の確認のほか、施設内の設備を改造しているという情報があったからだそうです。

ニュースでは「オウム真理教から名前を変えた宗教団体アレフ」にと報道しています。

公でもそういう認識でいいんですね。( ̄▽ ̄;)

空手の生徒さんと話したところ、この施設については警察がかなり監視をしているようです。

日曜日の午後5時くらいが、信者さんが最も施設に集まっているという情報も前もってとってあったんでしょう。

その際にアレフ側が15分に渡り抵抗したため、あたりには怒号が飛び交い一時近所は騒然となったようです。

(この間に危ないものを隠して、逃げる準備をしていたと思われます)

今までの立入検査には、抵抗していなかったはずですが。( ͡° ͜ʖ ͡°)

一体どうしたんでしょう?

 

最近では建物に自転車が10台以上停まっている

私は近所に住んでいるためよく建物の前を通りますが、建物前に自転車が10数台停めてありました。

 

f:id:gbh06101:20171009082555j:plain

全てママチャリです。

建物に入っていくひともみましたが、30代くらいの女性でした。

自転車がそれだけ停めてあるということは、信者さんの多くは札幌もしくは札幌近郊に住んでいると思われます。

(この建物の近くには、地下鉄の南郷7丁目駅とJR白石駅があり駐輪場もあります)

この日も休日ということもあり信者さんがかなり集まったいたようで、公安調査庁の検査のため建物から逃げていく様子がニュースで流れていました。

顔はぼかしが入っているため分かりませんが、みんな白い上下の服とマスクをしています。

 

f:id:gbh06101:20171009082616j:plain

 

「白装束」ですね。( ̄▽ ̄;)

これ「オウム真理教」の時もみたような・・・・。

「建物の設備の改造」というのが気になります。

 

札幌に集まるオウム真理教関係者たち

先日記事に書きましたが、北海道というのは「ウエルカムの土地柄」のため比較的抵抗なく外のものを受け入れる体質があります。

よく言えば開放的です。

 

 

そんな中、あの上祐氏も札幌にきます。

 

ただし、この「ひかりの輪」については観察処分取り消しの判決が出たばかりです。

 

 

この判決では「ひかりの輪」と「アレフ」は対立関係にあるとされていますが、なぜ上祐氏はアレフで最大規模の施設のある札幌に来るんでしょうか?

それと観察処分取り消しの判決で、アレフについて観察処分が取り消しにならない理由を「アレフは現在も麻原死刑囚が絶大な影響力を持ち、危険性を有している」としています。

札幌ではアレフがかなりの勧誘を行っています。

 

 

これについては法律的にどうしようもないんでしょうが、う〜ん。( ̄▽ ̄;)

 

まとめ

「ひかりの輪の観察処分取り消しの判決」について、公安調査庁は「全く予想外で判決がこのまま確定すると、活動状況の把握が困難になる」としていて、6日付けで2つの団体のいずれの判決についても控訴しています。

今回のアレフへの立入検査は、タイミング的にもこの「ひかりの輪」の観察処分の取り消しの判決への「公安調査庁の抗議」とみるのは私だけでしょうか。

 

*前回の記事で宗教関係の方とみられるコメントを数件いただきましたが、私は無宗教のため宗教的なコメントに対する回答はできかねます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あまりこの記事で過激なことを書くとまた宗教的なコメントがくるのでこの辺で。