空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

『泰葉』「クラウドファンディング」で出資したブロガーを名指しで非難‼️泰葉をやるとは⁉︎

スポンサーリンク

f:id:gbh06101:20171028083715p:plain

 

私のブログのアクセス元サイトでアメブロが一番になりました。

アメブロで誰か私のブログを紹介していただいたのだと思うのですが、どこかわかりません。

泰葉さんは、今度は「クラウドファンディング」を妨害したとして出資したブロガーのアドレスまで公開して攻撃しています。

泰葉さんを攻撃しているブロガー??

 

泰葉さんの弟さんの名前を使っているブロガーさんを攻撃しています。

 

f:id:gbh06101:20171028081627j:plain

 

それも「残念二倍」「眠れないなあ」という二つの記事で書いています。

ブログの内容を読みましたが、このブロガーさん泰葉さんに頑張って欲しいという思いから純粋に「出資」をしたようです。

そうしたところ、いつのまにか「コメント」は削除され「ファンディングは回収不可能」になったとブログに発表されて再度「リターン」について質問しただけです。

それを「ぶっそうな記事です」と指摘され、攻撃されています。

内容も「リターン」が果たされなかった場合は、コメントのやりとりは発表しますというごく当たり前の内容です。

(お金出してますから)

私も本当にお金を「出資」した人に「リターン」をどうするんだろうなあと思っていましたが、ブログを削除したことからも「すべてなかったこと」にしようとしているんですね。

 

f:id:gbh06101:20171023151334j:plain

 

このブロガーさんの記事とコメントが消せないと証拠が残るので、よほど消したいみたいです。

 

コメントを受けなくなったのは「泰葉をやる」との記事?

 
ブログの読者に「泰葉をやる」という記事を書いている人物がいるそうです。
それがコメントを受けなくなった理由だとブログに書いています。
私が一番腹が立ったのはこの部分です。o(`ω´ )o
 
私が悪いのであれば謝ります 
ただ私のファンに悲しい想いをさせるのだけはやめてください 
心からのお願いです
 
出典:泰葉 ブログ
 

f:id:gbh06101:20170930182704j:plain

 
泰葉さんの性格からすると、ファンが写真を残しているとのことですから本当であればそれを「公開」するはずです。
あまりの「批判」や「リターン」へのコメントが多くてコメント欄を閉鎖したと推測されますが、これではまた自分が「被害者」です。( *`ω´)
それもファンを大事にしているようなことを書いていますが、泰葉さんのCDをお金を出してまで買おうという人は30数人でした。
そのファンさえ裏切っておいて、この言い分はひどすぎます。
 

天罰が下れ? 

 

今日の泰葉さんのブログからの抜粋です。

 

◯◯を語り私を冒涜する人間には天罰がくだります

天の声がその人間に下る日々を迎えましょう

もう私の中からこの件は過去になりました
感情もありません  興味もありません  風化しました
 
出典:泰葉 ブログ
 
クラウドファンディングに出資した人が、「リターン」について言及するとこの始末です。
それに泰葉さんの中では、クラウドファンディングでの「リターン」も風化してしまいました。
 

f:id:gbh06101:20171028081721j:plain

 
30数人が出資しているはずです。
これ「借金の踏み倒し」を勝手に正当化してますが。( ̄▽ ̄;)
 

嬉しいコメントをいただきました 

 
初めまして。◯◯と申します。
突然不躾にメールをしてしまい、申し訳ありません。
(中略)
ググッたらこちらの記事で数回に分けて大変詳しく書かれていたのが合点がいきました。
16万ちょいって。(笑)
(中略)
長くなってしまいましたが、非常にわかりやすい記事でことの流れが正確に掴めたので、お礼とものすごくつたないですけど、似通った呆れながらもウォッチしていらっしゃる方と少しお話をしたいと思ったので。
ありがとうございました。
◯◯
 
名前を出していいのか分からないので伏せておきました。
こちらこそ、またよろしくお願いします。 
確かに「泰葉」「クラウドファンディング」でググると、私の記事が上から並びます。
 

  

 

 

 
「泰葉ウオッチャー」と名乗れるかもです。(笑)
おそらく、クラウドファンディングが終わったらクラウドファンディング自体無くなるのかなと思って細かく記事にしておきました。
私は2回ネット詐欺にあったことがあるため、この手の「ネット詐欺」は特に許せません。( *`ω´)  
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
このクラウドファンディングに出資した人可哀想ですね。