空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

『座間9遺体』黙殺された要請書‼️実名報道に遺族の涙‼︎札幌の弁護士名は⁉︎

スポンサーリンク

f:id:gbh06101:20171114143449p:plain

 

座間9遺体の事件で、被害者の名前とその過去まで報道されていました。

これは遺族の了解を本当にとっているのかな?と思っていたところ、やはり了解はとっていなかったようです。

それどころかやめてほしいといういう遺族の言葉を報道機関は黙殺したとのことです。

あの札幌の「タクシー大暴れ男」は「弁護士」という社会的地位があるため、加害者でありながら名前すら公表されないというのに。

23歳の女性の実名が報道され続けた理由

 

最後の被害者で一番先に身元が分かった東京都の23歳の女性の遺族は、11月6日の時点で「亡くなった娘の氏名報道はお断りしますとともに・・・」という手紙を各報道機関に警視庁を通じて送っていたというのです。

(私もこの女性だけ実名で記事を書いてしまいました。すみませんでした)

他の8人の被害者の遺族も、遺族が依頼した弁護士たちにより、顔写真や実名報道をやめるように「要請書」が出されていたそうです。

 

f:id:gbh06101:20171114142626j:plain

 

被害者の「自殺願望説」と白石容疑者からの「性的暴行」があったと報じられていたため、遺族としてはこれ以上死んだ家族を傷つけたくないという思いがあって当然です。( ;∀;)

それを各マスコミは、他社も報道していると理由で報道しまくっていました。

私は被害者の顔写真から過去の出来事まで詳細に報道されていたため「違和感」がぬぐえませんでしたが、やはり遺族の了解なしだったんですね。o(`ω´ )o 

 

白石容疑者の家族よりも詳細な報道 

 

この9人は被害者でありなら、白石容疑者や白石容疑者の家族以上に詳細に記事にされていました。

私は最初に身元が判明した23歳の女性の名前以降、この被害者名の報道については「違和感」を感じて自分の事には実名は入れていません。( ̄▽ ̄)

特にこの23歳の女性については、実名と生まれてから亡くなるまでの過去が微に入り細に入り記事にされています。

それに対し白石容疑者の家族については、警察も報道機関もひた隠しにしています。

 

f:id:gbh06101:20171114141817j:plain

 

今は加害者の人権に気を使う一方、被害者の人権については野放し状態ですね。( *`ω´)

  

「札幌のタクシー大暴れ男」は「弁護士」のため実名報道なし

 

先日記事にしましたが、札幌のタクシー大暴れ男は「弁護士」という職業から警察で実名報道が止まっているようです。

 

f:id:gbh06101:20171114141752p:plain

そこまで加害者に配慮ができるのなら、被害者にはなぜ配慮できないのでしょうか?

警察は加害者でも「弁護士」ということでかなり「優遇」しているのは事実です。

世の中にはある程度の「差別」があるのは大人なら分かりますが、この「座間9遺体」の被害者との「差別」はあまりにひどいと思います。( *`ω´)

理由を聞こうと思い、「札幌中央署」に電話してみましたが「捜査上の情報なので教えられない」とのことでした。

これからの札幌では、お酒を飲んで暴れ器物損壊をしたり軽い傷害事件を起こしてもこの弁護士と同様に実名報道を拒否できるということになります。

(判例と同じように、前例があれば主張が通るはずです)

痴漢や万引きをした人間も実名での報道をしないでくれとこの弁護士の前例を出して警察にいえば、警察も新聞社やテレビ局も今後実名での報道が難しくなるでしょう。

札幌市が無法都市と化さないことを願いたいです。 ( ̄▽ ̄)

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

加害者の人権が守られすぎているように感じます。