空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

『札幌大暴れ弁護士の正体』タクシー会社に全国から激励の声殺到‼️

スポンサーリンク

f:id:gbh06101:20171115213539p:plain

 

「あの弁護士は絶対に許しちゃいけない」「示談には応じないでください」「徹底的にやるべきです」とタクシー内で大暴れした「弁護士」の被害にあったつばめタクシーに、全国から激励のメールや電話が寄せられていると「日刊ゲンダイ」が報じています。

全国からつばめタクシーへ激励の電話とメールが殺到

あのタクシーで大暴れした弁護士の被害にあったタクシー運転手さん(68)の勤務しているつばめタクシーには、全国から激励の電話やメールが多数きているとのことです。

 

f:id:gbh06101:20171115212655j:plain

 

私みたいなただのおっさんブロガーが行ってもつばめタクシーの責任者は内容をあまり教えてくれませんでしたが、日刊ゲンダイはきちんと話が聞けたんですね。( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

 

タクシー会社では徹底抗戦の構え

タクシー会社は「暴力は絶対にいけない。うやむやにするつもりはない」と徹底抗戦の構えとのことです。

被害額は14万円に上り、8日には警察に被害届を提出しています。

タクシー関係者は

「運転手は『かなり怖かった』と言っていました。弁護士側から示談の話はありませんし、あったとしても応じるつもりはありません。しかるべき処分を望みます。示談で和解ではなく、これだけの損害があるので、それを支払ってください、ということです」

と語っています。

 

f:id:gbh06101:20171115214120j:plain

 

示談をしないつもりだということでほっとしました。(^ ^)

 

弁護士の正体

弁護士は国立大の法学部を卒業後、同大学院1年の時に司法試験に合格。一時、東京の弁護士事務所に勤務したこともある。
「主にベンチャー企業の設立や育成、投資、上場支援、M&Aなどを業務にしています。北海道から九州まで全国に顧客を持っていて、本人も民間企業の代表取締役を兼任するほどのやり手で、弁護士会の要職にも就いていました」(法曹関係者)

出典:日刊ゲンダイDIGITAL

 

f:id:gbh06101:20171115212913j:plain

 

この弁護士の条件と合致するのは『弁護士法人 A法律事務所のS 弁護士』しかいません ( ͡° ͜ʖ ͡°)

この弁護士の実名と写真をすでにアップしているブログがありますが(この弁護士に十中八九間違いないです)、警察からも実名が出ていないということはかなり危険な行為だと感じます。

(裏で繋がっている可能性もありますから)

 

 

今回はきちんと自分で名乗るべきだった

 

日刊ゲンダイの記者が弁護士に話を聞こうとしてA法律事務所に電話したところ「弁護士は外出中です。お応えできません」と取材を断れたそうです。

私と一緒の対応です( *`ω´)

今回名前を伏せたために余計、実名、写真、経歴、家族を探せまでネットでは大騒ぎになっています。

(個人的には弁護士の家族は関係ないので、ネットで晒すのはやめて欲しいです)

S弁護士が一度頭を下げて

 

f:id:gbh06101:20171115213237j:plain

 

「申し訳ありませんでした。今後検察庁と札幌弁護士会の処分を厳粛に受け入れます」

と謝罪していればこれほどの大騒ぎにならず、あとはおとなしく処分を待っていればよかったと私は思います。

(これは島田紳助をみればわかるように、一番賢いやり方です。)

世の中は逃げれば逃げるほど追われます。( ̄▽ ̄)

f:id:gbh06101:20171115212751p:plain

 

今回は弁護士でありながら保身に走りすぎて、「危機管理」について少しお粗末だった気がします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

嫌なことから逃げても何も解決しないのは、弁護士なら一番知っているはずです。