空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

『迷い犬ステラみつかる』飼い主は所有権を放棄‼️

スポンサーリンク

f:id:gbh06101:20171124085238p:plain

 

北海道の遠軽町で10月28日から迷子になっていた、生後7ヶ月のゴールデン・レトリーバーのステラが無事保護されました。

飼い主は所有権を放棄しており、捜索活動にも加わっていません。

北海道遠軽町でステラがいなくなった経緯

 

和歌山県からオホーツクの遠軽町に来ていた夫婦のもとを、10月28日にステラ(メス 7ヶ月)は逃げ出しました。

 

f:id:gbh06101:20171124084256p:plain

出典:グーグルマップ

 

そのステラがが無事11月21日の23時ごろに保護されました。

今の北海道といえば冬真っ盛りですが、よく生きていましたね。^ - ^

和歌山からきていた元飼い主はステラの捜索には加わらず、所有権を放棄して和歌山に帰ったため新しい飼い主が見つかるまで捜索隊の代表が一時的にステラを保護することにしているということです。

(この所有権放棄のいきさつは不明です)

 

f:id:gbh06101:20171124083908p:plain

出典:HTB NEWS

 

ステラは足に怪我をしている他は健康状態には問題ないとのことです。

良かったですね。(^ ^)

 

ステラを保護した方法

 

ボランティアの人たちが遠軽町の方に頼んで、餌を置かせてもらえるようにお願いしたり、住民の方が餌を置いて玄関フードを開けてくれていたり、車庫や小屋をわざわざ開けて餌を置いてくれたそうです。

この玄関フードとは北海道ならではのもので、雪が入り込まないように玄関の前にガラスのフードが作られたものです。

 

f:id:gbh06101:20171124082159j:plain

出典:職人ネットワーク札幌 

 

この玄関フードのところに置いた餌を食べにきたステラを、玄関フードの戸につけた紐を家の中からそーと引いて戸を閉めて無事保護したそうです。

(この家の方があらかじめ細工してくれていたそうです)

お手柄です。( ^ω^ )

ステラは獣医さんがきて首輪をする間も大人しかったそうです。

この寒い北海道でよく生後7ヶ月のステラが生き延びたと感心します。

これからいい飼い主が見つかるといいですね。( ◠‿◠ )

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今日も札幌は雪です。寒くて凍えそうです。