空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

「北朝鮮ミサイル発射」今度は青森県西方へ!

スポンサーリンク

 

f:id:gbh06101:20171128061718p:plain

 

各誌の報道によると、政府は29日、北朝鮮が午前3時18分頃、北朝鮮西岸から弾道ミサイルを発射し、約53分間にわたって約1000キロ飛翔した後、午前4時11分ごろに青森県西方約250キロの地点の日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したと発表しました。

今回の発射は真夜中

 

昨日からミサイル発射の可能性は示唆されていましたが、まさかの夜中の3時です。

野寺五典防衛相は記者団に「高度は4000キロをはるかに超え、おそらく過去最高。かなりの能力を持った大陸間弾道ミサイル(ICBM)と考えられる」と語っています。

今回の弾道は北海道ではなく、青森県方面へのようです。

(あまり変わりませんが)

現在の情報では、高角度に撃ち上げ、飛距離を抑えるロフテッド軌道とみています。

 

あえてJアラートは発令いていない

 

 

安倍首相は、日本政府はミサイルの動きを完全に把握していたとして「危機管理に万全の態勢を取った」と述べました。

政府は、早い段階で日本列島を越えることはないと判断したため、全国瞬時警報システム(Jアラート)を発令しなかったとのことです。

 

現在分かっている情報はここまでですが、また新しい事実が分かったら続報を書く予定です。