空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【恐怖のストーカー男】車のブレーキを全て切断の謎⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20171210080622p:plain

要点をざっくり

  • 東スポが一方的に思いを寄せる女性(31)の軽自動車のブレーキを壊したストーカー男が、11月7日に器物破損の疑いで和歌山県警御坊署に逮捕されたと報じています。
  • このストーカー男の名前は、由良町の団体職員で川村拓也容疑者(38)
  • この男が女性の車のブレーキホース4本すべてを切断した動機が謎です。

事件の概要

 

この女性が和歌山県印南町の女性の家に停めてあった軽自動車に乗って朝7時半頃、出勤のためにエンジンキーを回したところオートマチック車のクリープ現象で前方に10メートル進んでブロッック塀に激突しました。

 

f:id:gbh06101:20171210080713p:plain

 

この女性に怪我はありませんでしたが、車を調べたところブレーキホースが切断されていることが分かり、和歌山県警御坊署に届け出ました。

周辺の防犯カメラの映像などから、川村拓也容疑者の車が写っおり、逮捕にいたったものです。

この女性の家から川村容疑者の自宅までは、車で小一時間かかります。

この女性も「川村さんの車を以前、自宅近くで見かけ不思議だった」と話しています。

 

ブレーキを壊した理由

 

この川村容疑者は女性に好意を抱いていて、このブレーキを壊すことで「車に詳しい私を頼って欲しかった」と容疑を認めています。

なぜ、車のブレーキを壊してこの女性が川村容疑者を頼るのか不明です。

普通は修理工場です。

御坊署では「殺してやろうとかいう理由ではないようだ」との見方をしています。

ニュースをみる限りでも、駐車場にとめてある車はそのまま走れば前方のブロック塀に衝突するので長距離は走れないでしょう。

でも、女性の車は確実にブロック塀に衝突していますし危険極まりないことは確かです。

単なるいたずらではすみません。

 

動機が謎?

 

川村容疑者の「自分に頼ってもらいたかった」という供述もつじつまが合いません。

この川村容疑者と女性は同じ組織に属していますが「本店と支店」の関係で、普段から顔を合わせて働いているわけではないようです。

それほど親しくもなく、この事故で女性が川村容疑者を思い出すことはほとんどないと思われます。

それにこの女性はなんと「新婚」なんです。

女性が結婚した時に「ファンやったのに結婚してしまったんか」と言われたそうで、社交辞令かと思っていたところ本気だったんですね。(怖)

この女性の住所も結婚後変わっているので、どうやってこの住所を突き止めたのかも謎です。

人事録を盗み見したのか、女性が帰宅するところを尾けたかですね。

 

f:id:gbh06101:20171210081150j:plain

おそらく

女性:「困ったなあ、車壊れたし。あっそうだ、川村さんが車に詳しかったから聞いてみよう」

川村容疑者:「なんだ、車で困っているの。僕に任せて」

女性:「なんて、川村さんって頼りになるんだろう。素敵。今の夫とは離婚して川村さんと結婚しなおそう」

 

f:id:gbh06101:20171210081218j:plain

 

川村容疑者:「末長く、幸せに暮らしていこうね」

などと自分の中でストーリーが出来上がっていたのかもしれません。

ストーカーって、自分のなかで物語を作ってしまうから本当に怖いですね。