空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【電話取材】清水建設のHPの「問い合わせ先」が1日で消えた⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20171213060130p:plain

 

要点をざっくり

  • 清水建設のHPの「当社執行役員の辞任について」の「問い合わせ先」が消えた。
  • 電話取材でこの執行役員には退職金が全額支払われていたことを確認。
  • 天下った可能性も?

 清水建設に電話して聞くことにした

先日記事にした清水建設の執行役員の問題について、つじつまの合わない点が多いので昨日電話して聞いてみました。

 

 

この執行役員は、責任を感じて?12月8日付で辞任しています。 

 

つじつまが合わない支払い金額

 

辞めた執行役員は、今回かかった費用33万2千円を業者に支払ったと報じられています。

この役員が私的に下請け業者を使ったのは

・草むしりが最低1回 作業員は12人 時間は約5時間

・冬は3年にわたり4回雪かき

・除染作業の場合、国から日当に1万円上乗せされる・・除染作業で請求。

除染作業の日当はネットで調べると、15,000円 ほどです。

この日当に10,000円を足すと、一人当たりの日当は25,000円ほどす。

草むしりの人件費を計算すると

12人✖️25000円=300,000円です。

草むしり1日だけで30万円かかっています。

雪かきについてですが、この家の敷地は広く雪かきは屋根に上ったり雪を捨てたりしますから、草むしりと同じくらいの人数と時間を使っていると思われます。

おそらく、雪下ろしも草むしりも同じベースで請求している可能性が高いです。

そうすると雪かきにかかったと思われる人件費は

12人✖️25,000円✖️4回=1,200,000です。

計 150はかかっていると推測されますが(あくまで私の試算です)、この執行役員が下請け業者に支払っているのは332,000円です。

どう考えても、ものすごいディスカウント料金(清水建設割引)です。

 

 

f:id:gbh06101:20171212231747j:plain

 

それに、この執行役員には懲戒処分等はないのでしょうか?

 

変更された謝罪文

 

一昨日まであったこの文書が、昨日みたら消えていました。

 

f:id:gbh06101:20171212211307p:plain

あまりのクレームに連絡先を1日で消したのでしょう。

でも昨日までは問い合わせはこの電話番号にとあったので電話しました。

 

私:「今回の執行役員の辞任についてですが、執行役員が支払った金額と実際にかかった金額が私の計算では合わないようですが。実際は、私たちの税金から支払われているのではないですか?それと支払いの明細は表に出さないのでしょうか」

清水建設:「それは(国のお金を使ったこと)ありません。すべて役員が自分のお金で支払っています。会社では一切下請け業者にはお金を払っていません」

私:「除染作業として日当に1万円上乗せさせているようですが、それも支払われているのですか?」

清水建設:「ええ・・・、金額はともかくすべて役員が個人で支払っています」

金額については把握していない模様。

私:「今回、役員は自主退職されているようですが自主退職であればもう60歳ですから退職金とか全額出ているのではないですか?懲戒処分にはならないのですか?」

清水建設:「会社に損害を与えていないので、現在調査しているところでは懲戒処分はありません。今後新しい調査結果が出てくれば別ですが。退職金は全額支払っています

やっぱり・・。これでは普通の退職が少し早まっただけだな。

私の推測では、退職金は1億円以上になると思われます。(なにせ、清水建設の役員ですから)

私:「清水建設では会社に損害を与えない限り、殺人でも痴漢でも懲戒処分とかにならないんですね。相手が役員だからではないですか」

清水建設:「ケースによります。(それもあり得る?)役員だからということはありません。」

私:「今回新聞記事等を読む限りでは、会社への背任行為にあたると思われます。普通の会社では懲戒処分に該当しますし、処分が決定する前に任意で退職させて退職金まで払う会社はないと思いますが」

清水建設:「あくまで会社としての判断ですから。第三者の調査も入れておりますし」

私:「第三者といっても顧問弁護士ですよね。本当の第三者は入れていないでしょう」

清水建設:「・・・・」

私:「最後に一つだけ。この執行役員はどこに天下りしたんですか」

清水建設:「それはわかりません」

との回答であり「わからない」=天下りしていると取れますね。(あくまで私見です)

でなければ、そんなことはありませんというはずです。

「今回皆様にご心配をおかけしましたので、今後こういうことのないように気をつけていきます」と何度かいわれたので、9月にも福島で現場責任者の男性社員と下請け業者が共謀して不正取引を行っており、その時も同じことが書いてありますよ」と言ったところ黙ってしまいました。

この所長は亡くなっており、死因は発表されていません。

ネットでは自殺と推測されています。

除染作業員が執行役員の家の草むしりや雪かきをしている間に、日本の国の除染作業は遅れています。

それと忘れてはいけないのは、この除染作業に使われているお金は我々の「税金」です。

こうなると、本当に正しい除染作業をしているのかも金額も含めて疑問です。

この回答では、会社と執行役員の間で話をして、話が大きくなる前に退職金を払うからやめて天下りをするような話があったのではないかと邪推してしまいます。

また、清水建設では執行役員である「山口秀樹」さんが辞められたのになぜか発表していません。

まさかこの人がこの問題の執行役員ではないでしょうが。

(清水建設が、新聞等でこの役員の退職を発表していないのも不思議です)

なんでもこっそり隠してしまう企業体質を変えなければ、いくら気をつけても同じようなことは起きると私は思います。