空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【あわら市長公務中に市長室でセクハラ】最後まで残る怪しいお金の話⁉︎

スポンサーリンク

f:id:gbh06101:20171213154352p:plain

  

要点をざっくり

  • 福井県あわら市の橋本達也市長(63)が、嫌がる知人女性の身体を触ったり市長室でキスをしていた事実を認めた。
  • 2016年1月に女性に「詫び状」を書いている。
  • 橋本市長は市長職については続行する意向。

今回橋本市長が認めているセクハラ行為

 

橋本市長は公務中に市長室で女性にキスするなど不適切な行為を行っていた問題について全面的に認め謝罪しました。

しかし、辞める時期ではないとの理由で市長職については続行の意思をしめしています。

辞める時期とはいつなのかは明言していません。

橋本市長によると、女性は福井県内に住む40代後半の既婚者の方です。

市のイベントで知り合い、女性から複数回メールで食事に誘われ、2013年に女性の運転でドライブした際、車内で市長から抱きついたといっています。

その後も、イベントなどの用事で5回ほど市長室を訪れた女性に、キスをしたり抱きついたことを認めています。

これらの行為に対し橋本市長は「女性から受け取ったメールの内容から、女性も(私に)好意を感じていたと思った」と釈明しています。

公務中だったことについては「言い訳のしようがない」と述べています。

 

さらにひどいセクハラ行為

橋本市長は「(女性に対し)無理やりではない。相手に好意を持たれていると思っていた」」という釈明について、この女性は同日に「恋愛感情を持ったことは一度もなく、誘ったこともない」と話しており、強制わいせつ容疑での告訴を警察に相談していることを明らかにしました。 

橋本市長は「相手に好意を持たれていると自分が思っていたから」という理由で、わいせつ行為を正当化しています。

それになんとこの市長は13年3月末、女性の車に同乗した際にキスをしたほか、その数カ月後には、団体の活動に関する書類を持参するよう女性に伝えた上、市長室で訪ねてきた「女性の足首をつかみ、足の指をなめる」などしたということです。

 

f:id:gbh06101:20171213154640j:plain

 

「女性をホテルに誘った」こともあると女性側は言っていますし、市長も認めています。

そして、女性の夫からの抗議を受け、橋本市長は約2年前に詫び状を書いています。

「詫び状」を書くくらいですから、おそらくこれは事実でしょう。

でもあまりに短絡的すぎてなんか逆に怪しいですね。

 

お金がからんできたぞ??

この女性は市職員ではありませんが、女性が所属する団体の活動を通じ、市長と面識がありました。

2013年3月〜  市長が女性にキス、体を触る、足を舐める、ホテルに誘う。

2016年1月   女性の夫から詫び状を書くように言われ「女性に会わないと約束して」女性に詫び状を手渡す。

この間の約3年弱は市長とこの女性はどうしていたんでしょう

橋本市長は2017年3月に女性と庁内であって挨拶したところ、8月に女性から示談を持ちかけられたといっています。

なぜ会って挨拶しただけで、示談を持ちかけられたんでしょう?

意味が通じません。

女性の夫は「多額の示談金を要求したのは、示談を求めてきた市長に拒否の姿勢を示すためでお金目的ではない」と話しています。

でもお金を要求したのは認めています

要はどちらが示談をしようとしたかです。

この場合、おそらく被害者側である女性側だと考えるのが自然でしょう。

 

市役所関係者の話


日刊ゲンダイデジタルでは、市役所関係者から今回の経緯について取材しています。

・市長が「(この女性の)夫から『詫び状を書け』と言われて書き直しまでして渡したところ、1年4カ月経った今年5月に突然夫から『セクハラされたことを奥さんと子どもに話す』と呼び出され、市長は夫婦でお詫びに行った。

なぜ、詫び状書いてことが済むと思うんでしょう。詫び状を書いた時点でこの事態は予測できます。

・その場で金銭の話は出なかったらしいが、8月15日に再度呼び出され、話し合いが持たれた。その場には弁護士もいて、5000万円の金額が記入された示談書を提示され、市長の名前を記入すればいいようになっていた。

本当に弁護士だと確認したんでしょうか?

・市長が『とてもお支払いできる金額ではありません』と答えると、被害女性が自ら線を引いて4600万円に値下げした。

この400万円という金額が?です。
・示談交渉は後日に持ち越されましたが、また別の示談書が用意され、金額は3000万円になっていた。

ことをおさめたければ3000万円払えばよかったのに。基本的にケチですね。
・市長が『それでも無理です。勘弁してください』と言ったら、2人はそのまま帰っていった。

結局、不倫、セクハラで1円も支払っていません。これで問題が解決するとは考えられません。

・8月末までに払わないと世間に公表するようなことを言われたらしいが、結局期日までに払わなかったため、市長側は話はこれで終わったと思っていたところ、今月に入って地元紙に匿名の告発がありいきなり新聞に報じられた。

相手が何もとれずに引き下がる訳はありません。この辺の感覚が世間とズレズレです。

それにこの橋本市長は示談を断ったのに、市長を辞める覚悟もしていません。

その覚悟もないのにお金は支払いたくない、セクハラを自ら公表する、市長を続けたいでは明らかに世間は許しません。

 

結局事実は

これが事実なら、女性側から「詫び状」をとったことからも「お金」目的のハニートラップであった可能性が高くなります。

この点については、警察を入れてはっきりすべきかと思います。

それと本当に立ち会ったのが弁護士だったのかも確認したほうがいいと思います。

この金額は慰謝料としては法外です。

この問題で今時点ではっきりしているのは、橋本市長がわいせつ行為を市長室で公務中に行ったということです。

この事実があるのに、市長は続けたいでは少しムシが良すぎる気がします。

かなりこの市長は世間と感覚がズレいます。

この一連の出来事は、この市長の世間とのズレた感覚がもたらしていると私は思います。