空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【清水良太郎有罪】これから始まる「芸能界覚せい剤一掃作戦」‼︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20171223090522p:plain

要点をざっくり

  • 覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われている元タレント、清水良太郎被告(29)の判決公判が22日、東京地裁で開かれ、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の有罪判決が言い渡された。
  • 現在、良太郎被告の供述により警視庁の捜査線上には、多くの芸能人が浮上している。
  • 今年の芸能界の覚せい剤汚染をさらに広めた大物歌手とは。

清水良太郎は反省の弁なし

スポニチによると22日良太郎被告はノーネクタイの白いシャツの上にグレーのニットを着た姿で入廷し、涙も見せた15日の初公判から一転、淡々とした表情で判決に耳を傾けたとのことです。

反省の弁などを口にする機会はないまま」約2分で閉廷し、傍聴席に2度礼をして退廷しました。
閉廷後は、黒スーツにネクタイ姿で報道陣の前に現れ「このたびは多くの方々にご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした」と一礼し、兄の車で自宅に戻りました。
今回の初公判では、検察側の冒頭陳述で、初対面の女性の前で覚醒剤を使用し、口移しで吸わせるなど、卑劣極まりない犯行が明らかになりました。

このような事件を起こした良太郎被告の、反省していないと思われる言動や行動が今回かなり取沙汰されていました。

やはり芸能界ではみんなやっている、どうせ執行猶予がつくだろうとの考えがはびこっているのでしょう。

判決のたびに思うのですが、この芸能人の覚せい剤の犯行に「執行猶予」をつけてしまうのがよくないのではないかと思います。

 

芸能界で今年あった薬物事件

俳優の橋爪功の息子の橋爪遼(31)

浅野忠信の父で所属事務所「アノレ」の社長・佐藤幸久(68)

・田中聖(31) 元KAT-TUNメンバー

・音楽プロデューサー、月光恵亮(65)

など他にも多数芸能関係者が逮捕されています。

しかし、「2017年逮捕されるであろう芸能人」というタイトルのブログをいくつか読みましたがこの人たちはノーマークでした。

さらにいうと、2016年に比べると少し小物です。

2016年は、清原和博容疑者(49)、高知東生こと大崎丈二容疑者(51)、高樹沙耶こと益戸育江容疑者(53)などの大物芸能人が逮捕されています。

では、なぜ大物といわれる芸能人は逮捕されていなかったのでしょう。

 

あの大物芸能人の逮捕が影響?

警視庁は昨年に逮捕したASKA容疑者が不起訴処分になる事態を招いて以降、捜査の中心を芸能界から暴力団周辺へと転換していたとのことです。

(尿のかわりにお茶を入れたとかの変な事件です)

 

f:id:gbh06101:20171223091016j:plain

 

この警察の失態は、かなりマスコミでも叩かれました。

その中、芸能界の薬物汚染はさらに深刻になっていったようです。

しかし、薬物捜査を担当する組織犯罪対策5課の課長が12月に交代したことを機に、今後は「芸能界の徹底捜査」へシフトしていきそうであるとのことです。
関係者によると、良太郎被告は警察の取り調べに対し、薬物の供給元や流れなどを詳細に供述しているようです。

こういう2世の甘ちゃんタイプは、自分が起こした罪より、自分だけが逮捕されていることの方に不満を持っているのでしょう。

捜査線上には中堅人気俳優のFやE、女性モデルのM、女優Mらが挙がっています。アスリートの名も浮上しており、来年は摘発が相次ぐ可能性もあるとスポニチは報じています。

このFやE、Mというイニシャルが気になります。

せめて、イニシャルではなく苗字のうえの漢字とかにしてもらうと分かりやすいのですが。