空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【齋藤ウィリアム浩幸経歴詐称】外国がらみの経歴に弱い日本人‼︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20171225060608p:plain

要点をざっくり

  • 内閣府と経済産業省で非常勤参与を務めていた齋藤ウィリアム浩幸氏が、それぞれの職を辞任した。日本航空の非常勤執行役員も22日付で退任した。
  • 斎藤氏はネット上で経歴詐称を指摘されていた。
  • ショーンKといい、この外国がらみの経歴に日本人は弱い。

齋藤ウイリアム浩幸とは 

日系二世の起業家であろうということ以外は、今となっては不明です。

いくつものの著書はありますが、本当に自分が書いたのかさえ分かりません。

ザ・チーム 日本の一番大きな問題を解く

ザ・チーム 日本の一番大きな問題を解く

  • 作者: 齋藤ウィリアム浩幸(さいとう・ウィリアム・ひろゆき),William Hiroyuki Saito
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2012/10/04
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 6回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

惜しいことにこの経歴が本当ならすごい人ですが、経歴詐称が公になった今では普通のエンジニアだと思われます。

・(米国の大学の)医学部を卒業し、医師免許を取得した⇨事実なし

・東京電力福島第一原発の事故原因を解明する国会事故調査委員会で「最高技術責任者」を務めた⇨システム部門のただの担当者

・数々の特許を取得⇨特許に名前が見当たらない

本人は軽率だったといっていますが、これだけの「経歴詐称」はただではすまないと思います。

 

内閣府ではなぜ雇ったのか 

この斎藤氏は内閣府では2013年12月から、経産省では昨年10月から参与を務めていました。

世耕弘成経産相は同月の記者会見で、起用の狙いについて「サイバーセキュリティー分野で国際的に活躍し、知名度も高い」と説明していたとのことです。

世耕氏は22日の会見で「仕事には一区切りついたので(辞表を)受理した。提出された経歴には虚偽に当たるようなことはなかったと認識している」と述べています。

本当に経歴詐称で医師でもなく、特許も持っていないこの人物がそれほどの役に立ったのでしょうか。

経歴や資格ではなく、国がこの人の「能力」だけみたのならすごいことですが。

 

齋藤ウイリアム浩幸氏のブログから

1・経歴について

(中略)

ITの世界に魅了され、追求する中で医師の道を中途で断念したというエピソードを披露することを繰り返すうちに、事実と異なる経歴を語ってしまったことは私の過ちでした。
UCLAの医学部を卒業し、医師免許を取得したという事実はございません。ここに訂正をさせていただくとともに、謹んでお詫び申し上げます。

 

4・国会事故調における肩書及び職務について

(中略)

肩書をどのようにするべきか問われたため、「最高技術責任者(CTO:Chief Technology Officer)」を提案したところ、問題なく了承され、事務方から名刺をいただきました。一部では、私が独断で決めた肩書に沿って、勝手に名刺を作成していたかのように批判されていますが・・

 ”

出典:齋藤ウィリアム浩幸ブログ

 

これ以外にも

 

2. I/O Software社の売却について

3. Twitterのフォロワーについて

5. 情報漏洩行為にかかわっているのではないかという疑惑について

6. 情報セキュリティの専門家であるという評価について

 

数々の疑惑についての回答をブログに書いています。

これだけみると疑惑のデパートですね。

ここに書いていることが本当かどうか分かりませんが、ブログの内容が難しいことだけは分かります。

この人経歴詐称というより、「経歴詐欺」ですね。

 

ショーンKも

2016年3月10日号の「週刊文春」で経歴詐称が発覚した「ショーンK」ことショーン・マクアードル川上氏。

私はこの人と齋藤ウィリアム浩幸氏が被ります。

ただの「高卒のラジオのDJ」だったのに全く異なる経歴を名乗っていました。

ショーンK氏の「経歴詐称」もひどいです。

・米国人親から生まれたハーフ⇨実は純粋な日本人で本名「川上伸一郎」

あだ名は「ホラッチョ川上」

・高校の時と顔が変わりすぎて同級生もわからない⇨整形疑惑?

 

f:id:gbh06101:20171223220144j:plain

 ・テンプル大学卒→日本の高卒

・ハーバード大学院(MBA)卒→オープン授業を3日受けただけ

・パリ大学留学→オープンキャンパスに行っただけ

・英語が話せない?

などです。

経歴に外国が絡むと日本では調べようがなく、その人物の好きなように書けます。

このショーンK氏も近々復帰するらしいですから芸能界?は甘いですね。

おそらく、この齋藤ウイリアム浩幸氏も少したったら何もなかったかのように、本を出版したり公演をしたりすると私は思います。