空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【北朝鮮にミサイル発射の兆候】年明け早々に弾道ミサイル発射の可能性も⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20171230205620p:plain

  • CNNは29日、アメリカ政府高官の話として、北朝鮮が弾道ミサイル発射に向けて動いている恐れがあると伝えました。
  • 当初は人工衛星の打ち上げではないとかとの憶測でしたが、今回は弾道ミサイルとのことです。
  • 時期は年明けの1月1日以降だとしています。

やはり人工衛星ではなくミサイル

複数の米当局者は30日までに、CNNに対して、北朝鮮が年明けのいずれかの時点弾道ミサイル発射実験を行うための準備を進めている可能性があると明らかにしました。

f:id:gbh06101:20171230210317p:plain

 

これは今までかなりの確率で当たっています。

最近の軍事機器の移動の様子などから、人口衛星の打ち上げではなくミサイル発射を行う公算が大きいとしています。

米当局者らはCNNの取材に対し、北朝鮮が弾道ミサイル発射実験の準備を進めている可能性を示す新たな兆候があると言及し、北朝鮮がこの動きを進めて実験を行った場合、衛星打ち上げ実験ではなく、新たな弾道ミサイル発射実験になるだろうと語っています。

 

2月には平壌オリンピック

この北朝鮮のミサイル発射の動きは、来年2月に韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪を控える敏感な時期となっています。

北朝鮮は未だ平壌オリンピックへの参加について明言していません。

平壌オリンピックの開催中でのミサイル発射となれば、韓国も黙っていないでしょうし、ひとまず発射するなら1月ということでしょうか。

米国のマティス国防長官は29日、国防総省で報道陣からこうした一連の北朝鮮の動きに対して、経済制裁に裏打ちされた外交を推進していく方針を強調し、北朝鮮に対し、引き続き経済的な圧力をかけていく考えを明確にしました。

 

現在の北朝鮮内の動向

30日付の労働新聞は、金正恩委員長が平壌で29日に楽団などの公演を鑑賞したと伝えました。

この公演は朝鮮労働党の末端組織の幹部のために開かれたもので、金委員長は北朝鮮の発展に向けてさらなる期待を示したということです。

28日の報道では、人工衛星の打ち上げではないかとされていましたが、やはり弾道ミサイルのようです。

もし新年早々弾道ミサイルが発射されたら、またJアラートが高々となるのでしょうか。

それに今回も脅しとは限りません。

来年また北朝鮮のミサイルが発射されれば、平壌オリンピック閉会後の米朝開戦の可能性がより高くなります。