空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【ちゃんこ店経営者暴行死】原因は締めの雑炊の作り方⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20171231170148p:plain

要点をざっくり

  • 21日夜、草津市内のちゃんこ料理店で、客の男二人に経営者の糸岡真二さん(60)が殴る蹴るの暴行を加えられ亡くなりました。
  • 糸岡さんを死亡させた疑いで逮捕されたのは浜野慶治容疑者(46)と関一也容疑者(45)の2人です。
  • 新たに暴行の原因が「鍋の締めに出された雑炊の作り方が気にくわなかった」と供述していることがわかりました。

事件の経緯

12月21日に草津市大路のちゃんこ料理店「隠れダイニング蔵間草津店」の経営者、糸岡真二さん(60)が個室で約2時間半にわたって暴行を受けて死亡しました。

この暴行を加えたのは浜野慶治容疑者(46)と関一也容疑者(45)の2人です。

21日午後7時ごろ同店に計7~8人で来店し、個室で飲食。同10時ごろ、男性従業員が雑炊を作り始めた際、浜野容疑者らが作り方に言いがかりをつけたとのことです。

当初は店長らが対応していていましたが、浜野容疑者らは「責任者を呼べ」と要求し連絡を受け、滋賀県栗東市内にある別の系列店にいた糸岡さんが同11時15分ごろに到着し、対応していたところ暴行を受けました。

その後、近隣の飲食店から「大きな音がしたので見に行ったら店のドアが壊れている」と110番があり、草津署署員が22日午前1時40分ごろに駆けつけると、血まみれの糸岡さんが倒れていました。

糸岡さんは病院に搬送されたが同日午前4時すぎ、肺損傷により死亡しました。

 

2時間半にわたる暴行

この、浜野容疑者と関容疑者は約2時間半に渡り、糸岡さんの顔や頭部、背中を土鍋も使い殴ったり蹴ったりし、左右肺損傷で死亡させた疑いをもたれています。

 

f:id:gbh06101:20171231170259j:plain

 

糸岡さんの肋骨(ろっこつ)も複数箇所、折れていました。

糸岡さんは、正座した状態で頭から血を流しており、意識がもうろうとした様子で、搬送先の病院で間もなく死亡しました。

正座させた状態で、2時間半も暴行するなんて・・・・。

(日馬富士の暴行事件とも似ていますね)

糸岡さんは、誰か判別できないほど顔が腫れあがっていたとのことです。

糸岡さんが暴行を受けている間、浜野容疑者と一緒にいた客が従業員に対し、「この場でおさめるから、(警察を)呼ばんといて」と、通報しないように求めていたということです。

これで警察に通報しない従業員も従業員です。

2時間半も糸岡さんを助けもせず、警察に電話もせずこの従業員たちはこの間何をしていたのでしょう?

浜野容疑者らは職務質問しようとした署員に「知らん」などと言って応じず、任意同行も拒否。糸岡さんが救急搬送されている間に立ち去っていました。

この2人は逮捕されるまで、7日間普通に生活していたんですね。

草津署は従業員の証言や周辺の防犯カメラの映像などから両容疑者を割り出し、29日に逮捕しました。

同署は30日、両容疑者を傷害致死容疑で送検しました。

その後の捜査関係者への取材で、2人が、鍋の締めとなる雑炊について、「従業員の作り方が気にくわなかった」と供述していることがわかりました。

 

浜野容疑者は元◯暴?

ネット上では、この浜野(濱野)容疑者について、2003年6月13日に起きた「滋賀暴力団リンチ殺人事件」で暴力団組員の男性を暴行の上殺害し、三重県の山中に埋め懲役10年の判決を受けた山口組系暴力団幹部ではないかと推測されています。

この男性であれば、京都市の当時暴力団組員であった被害者の、女性に対する態度を注意したのに認めなかったことに腹を立て、自宅に呼び出して7人で殴る蹴るの暴行を加えて死亡させた人物となり今回の事件と類似しています。

しかし、暴力団を抜けて5年経つと一般人として扱われるので、今回は一般人として裁かれるかもしれません。

(それで報道では、暴力団員とされていない可能性があります)

でも、人を殺して平然としていることなどを考慮すると、この前に人を殺したことのある人物であっても不思議ではありません。

 

モンスタークレーマー

このように、苦情がエスカレートする客は「モンスター・クレーマー」と呼ばれ、今までも犯罪に至ったケースが多数あります。

最近では、26年に滋賀県近江八幡市のボウリング場で、男らが女性店員の接客に言いがかりをつけて「謝れ」などと土下座を要求し、強要容疑で逮捕されています。

この土下座の強要は、しまむらで店員に土下座を強要したり何件か報道されていました。

サービス業の役7割がこういう過剰なクレームを受けており、精神的な病になる社員もいるとのことです。

今回のように殺人にまで至るケースも発生している以上、業界全体でマニュアル等を作成するなど対策に取り組まなければならないと思います。