空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【海老蔵に、ございまする】勸玄、天国への投げキッス‼︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180109063738p:plain

要点をざっくり

  • 昨日の「海老蔵に、ございまする」の中で、勸玄君が7月大歌舞伎で白ぎつねを演じている様子を放送していました。
  • 堀越勸玄(4歳)、史上最年少での宙乗りです。
  • 亡くなった麻央さんの誕生日に、お姉ちゃんの麗禾ちゃんと相談してやった「投げキッス」に感動しました。

『海老蔵に、ございまする 』2018

昨日放送された「海老蔵に、ございまする」をみましたが、歌舞伎ってかなりハードですね。

 海老蔵さんがいつもジムに行くのが分かりました。

朝晩の公演であれほどハードに動いていたら、普通なら身体が持ちません。

歌舞伎役者って、本当にすごいと思いました。

 

母に捧げる「宙乗り」

勸玄くんは、7月3日から「七月大歌舞伎」の舞台に立っていました。

史上最年少でのこの挑戦は、もともとは闘病を続ける麻央さんを元気づけるためのプレゼントでした。

(一番高いところでは10メートルとのことです。)

勸玄くんの宙乗りを楽しみに、誕生日まで生き抜こうとしていた麻央さんの願いは結局叶いませんでしたが。

勸玄が、7月大歌舞伎の夜の部に

出演させて頂くことになりました。
白狐のお役で、最年少の宙乗りに
主人と共に挑戦致します。
ブランコもまだゆっくり座っているのに
心配ですが、本人は飛ぶ気のようでポーン
皆様 ぜひあたたかくご観劇、
見守って頂けましたら幸いです。
出典:KOKORO 小林麻央のオフィシャルブログ 6月16日
 

そして迎えた真央さんの誕生日の7月21日。

麻央さんが生きていたならば、35歳の誕生日を迎えるはずの日でした。

その日の勸玄くんは朝から元気がありません。

いつも、白ぎつねに扮して宙から客席に手を振って、拍手喝采を浴びている勸玄君 。

やはり麻央さんがいない寂しさからでしょうか。

 

 

* わたしと倅、 明日から 宜しくお願い致します。

Ebizo Ichikawa 十一代目 市川海老蔵さん(@ebizoichikawa.ebizoichikawa)がシェアした投稿 -

 

 

天国への投げキッス 

勸玄君が麗禾ちゃんと何かひそひそ話をしています。

「頑張ってね」とでもいっているのかとも思いましたが・・・。

夜の部第二幕の幕切れ。

海老蔵さんに抱かれた白狐に扮した勸玄くんが3階席まで昇っていくと、客席からは「勸玄くん‼︎」のいつもの声援が飛びます。

その万雷の拍手のなか、暗幕に消え失せようとするそのとき、勸玄くんが天に向かい『投げキッス』をしました。

 

f:id:gbh06101:20180109102946j:plain

天国の真央さんへの、一番天国に近いところからの「投げキッス」です。

客席からは、悲鳴に近い声援がさらにとびます。

先ほどの麗禾ちゃんとのひそひそ話は、この打ち合わせだったんですね。

海老蔵さんも知らなかったとのことで、このサプライズに驚いていました。

きっと天国の麻央さんに届いたことでしょう。

 

 

* Our family is going hand-in-hand to live our life strongly. I guess we have a lot of things lacking on ourselves, but we wish your kind eyes on us. Please forever and forever... We wish your spurs and warm support on us. Please... おはようございます。 たくさんのコメントありがとうございます。 私達家族 力を合わせて 精一杯生きてまいります。 至らぬ事 沢山沢山御座いますが、、 今後ともお見捨てなく いついつまでも、 いついつまでも、 叱咤激励 あたたかい声援 よろしくお願い致します。 #市川海老蔵 #海老蔵 #成田屋 #歌舞伎 #歌舞伎座 #初春歌舞伎公演 #新橋演舞場 #麻央 #麗禾 #勸玄 #日本テレビ #ABKAI #ABMORI #ebizoichikawa #ebizo #kabuki #thunderparty #theater #theaterarts #Tokyo #olympic #actor #japan #classic #instagram

Ebizo Ichikawa 十一代目 市川海老蔵さん(@ebizoichikawa.ebizoichikawa)がシェアした投稿 -

 

さらに勸玄君は、この「七月大歌舞伎」の舞台の終わりに「寂しいね 」と言っていましたが、海老蔵さんは「これからが始まりだよ」と話していました。

そして「海老蔵を継ぐんだよ」とも。

勸玄君は、4歳ですでに千両役者でした。