空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【センター試験正解】ムーミンの舞台はフィンランドではなく「ムーミン谷」‼︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180115141801p:plain

要点をざっくり

  • 大学入試センター試験で「ムーミン」の舞台についてフィンランドを正答とする問題が出題されたことが問題となっています。
  • 今の受験生はムーミンを知らない世代だと思うのですが、なぜこんな問題を出したのか私も不思議です。
  • ネット上では「ムーミンの舞台はムーミン谷という架空の場所と指摘されています。

そもそもなぜムーミン?「ねえ、ムーミン。教えてよ」

「ムーミン」が取り上げられたのは、センター試験1日目の13日の地理Bの問題です。

 

 

スウェーデンのアニメ「ニルスのふしぎな旅」とスウェーデン語の組み合わせが示され、「ノルウェーとフィンランドを舞台にしたアニメ」としてムーミンと「小さなバイキングビッケ」のどちらがノルウェーでどちらがフィンランドかを選ぶよう求めたものです。

「小さなバイキングビッケ」もほとんど知らない世代だと思うんですが・・・。 

 

 

「ビッケ、ビッケ、ビッケは海の子バイキング〜 ♪♪ 小さなバイキング〜♪」

私の世代は歌まで完璧に覚えています。

おそらくこの問題を作ったのは、私と同世代の人間でしょう。

 

ムーミンの出身地は

ムーミンは、スウェーデン系フィンランド人の作家、トーベ・ヤンソン(1914~2001年)によってスウェーデン語で書かれたものだそうです。

私は、岸田今日子が描いたと思っていました。(冗談です、といってもわからないか)

この作品は、私の記憶でも北欧のだれかが書いたというのは覚えていますが、フィンランドかノルウエーかは知りませんでした。

それに、ムーミンもスナフキンも「ムーミン谷」で暮らしていましたから。

これは「フィンランド」が正解だそうです。

しかし、「フィンランドの作品」として認知されていますが、「フィンランドが舞台」かどうかは不明だというのです。

 

ムーミンの舞台は?

ネット上では「ムーミンの舞台はムーミン谷という架空の場所。そこがフィンランドという説明は作品にないはず」として、出題ミスを指摘する書き込みが相次いでいます。

スウェーデン大使館のフェイスブックには「ムーミン谷のモデルになったのは、ヤンソン一家が夏の日々を過ごしたスウェーデン群島にあるブリード島です」との記述もあるとのことです。

ということは、「スウェーデン」が正解??
ツイッターでは「ムーミンの舞台はフィンランドじゃなくてムーミン谷」「ムーミン谷はムーミン谷であって、作者の出身地と同じということはどこにも確証がなく。センター試験レベルでも、未だに作品と作者を同一軸で見る、テクストの外側の作家作品論がまかり通っている、それこそが問題だわ」「全員正解とすべきだ」などのツイートがされているとのことです。
一方、「ムーミン公式サイトのツイッター」はどこの国かは明言を避けています。

 

 

 6万近いリツイートがあります。

こんなことでムーミンがまた注目されるとは。

 

小さなバイキングビッケはノルウエーだが 

ビッケは「バイキング」という背景があるので「ノルウエー」でいいと思います。

 

f:id:gbh06101:20180115122238j:plain

出典:小さなバイキングビッケ公式HP

 

でもムーミンは、「ムーミン谷」という架空の場所が正解だと私は考えます。

どうせなら、「サザエさん一家が住んでいるとされる東京の区とは?」とかの問題でもよかったと思いますが。

(正解:板橋区・・これもはっきりしていません)
ムーミンをめぐる問題の配点は100点満点中の3点です。

大学入試センターの対応が注目されています。