空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【前橋女子高生重体事故】85歳の運転手の目的は知人女性との交流か⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180116132348p:plain

 

要点をざっくり

  • 前橋市北代田町の県道で9日朝、自転車で登校中の女子高生2人が逆走してきた乗用車にはねられ重体となった事故から1週間がたちます。
  • 乗用車を運転していたのは、川端清勝容疑者(85)です。
  • 家族から運転を止められていたのに無理やり運転しての事故でしたが、その理由がなんと・・。

この交通事故の概要

1月9日の朝、川端清勝容疑者(85)の乗用車はセンターラインをはみ出し、右折待ちをしていた車のサイドミラーに衝突し、逆走する形で市立前橋高校1年の太田さくらさん(16)と3年の大嶋実来さん(18)を相次いではね重傷を負わせました。

川端容疑者は「気がついたら事故を起こしていた」などと供述しています。

 

f:id:gbh06101:20180116132644j:plain

 

産経ニュースによると、川端容疑者が事故当日の9日朝、市内の老人福祉センターへ向け、通常より2時間早く出発していたことが11日、関係者の話で分かりました。

川端容疑者は半年前ごろから、運転中に車を車庫などに接触させる物損事故を繰り返していたため、家族が運転しないよう諭していたとのことです。

家族が事故当日も運転しないよう伝え、車のキーを隠そうとしましたが、目を盗んで運転したということです。

 

目的は知人女性と会うこと?

産経ニュースによると、川端容疑者は事故当日の行き先の老人福祉センターには車で頻繁に通い、知人女性と会うのを楽しみにしていたということです。

高齢で物損事故を繰り返しても車を運転し続けたのは、家の外でこの知人女性と会うためなのでしょうか。

関係者によると、知人女性は70代後半~80代で、川端容疑者と同じく「おおとも老人福祉センター」(同市大友町)に通い、8年ぐらいの付き合いとのこと。

車の運転ができない女性を川端容疑者が送迎したり、女性が川端容疑者の食事を用意したりするなど親しかったといいます。

ちょい悪オヤジにしても、高齢すぎますね。

女性に会うにしても自家用車ではなく、せめて自転車かタクシーを使えばよかったのにと思います。

いくつになっても、男の見栄っ張りはなおりませんね。

 

家族が目を離した隙を狙って車を運転して事故

 川端容疑者には妻がおり、息子夫婦らと同居していました。

以前にも物損事故を繰り返し、家族から運転をやめるよう説得されていましたが、応じなかったとのことです。

事故当日は家族の目を盗み、通常より2時間早く外出してセンターへ向かいました。

「(川端容疑者は)女性に会うため、ほぼ毎日車を運転してセンターに通っていたようだった」と、川端容疑者を知る人物は証言しています。

「人の言うことを聞かない頑固なところがあった。でも、どうして当日に限って2時間も早く家を出たのか」

実際の事故の原因はまだ明らかになっていませんが、2人の女子高生に重症を負わせた事故が女性目的だったら被害者はやりきれませんね。

それに、川端容疑者が軽度の認知症なら、この事故でさらに症状は進み事故を起こしたことも忘れてしまうかもしれません。

(前職で事故処理をしていたので、交通事故のあとに老人の痴呆症が進むのを何度か見ています)

高齢者の交通事故で、犠牲になる人が後を絶ちません。