空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【YouTube規約変更】トップ・ユーチューバーしか生き残れない時代に⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180118212050p:plain

要点をざっくり 

  • 米IT大手グーグルが16日、傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」の新規約を発表しました。
  • これで、これからは暴力的・差別的な動画には広告がつかないことになりました。
  • YouTubeの規約変更で、中小ユーチューバーが淘汰されそうです。

YouTubeの規約変更

昨年末に14億円ユーチューバーのローガン・ポール氏(22)が「樹海動画」で炎上したことを受け、暴力的、差別的な動画には今後広告が付かないことになりました。

さらに、ユーチューバーの評価方法が『動画の再生回数』から、『チャンネル登録者数』『年間視聴時間』に変更になります。

現行では「総再生回数1万回以上の動画」に広告が表示される仕組みとなっています。

そのため日本でもチェーンソー男とか、交番に白い粉をまいて逃げるだの犯罪に近いYouTubeがアップされ問題となっていました。

そこにきて、昨年末には米国出身のローガン氏が、富士の樹海に入り、偶然発見した自殺者の遺体映像を配信し、ちゃかすシーンで世界から非難を受け、グーグルは同氏との提携を解除しました。

ローガン氏はさらに、他にも日本で高級ホテルの壁にトマトを投げつけたり、浅草寺の池に水中カメラを突っ込んでみたり、築地で購入した魚とタコを振り回しながら渋谷の雑踏を歩くなど、犯罪レベルの迷惑行為を繰り返しました。

ローガン氏は、YouTubeの再生回数を増やすためにより過激な行動をするようになったと謝罪しています。

これらを受け、グーグルは16日、広告掲載ルールの厳格化を発表し、暴力や差別的な内容を含む不適切な動画には広告を付けないことを決めました。

 

新しい改正で「ユーチューバー」が激減

この視聴回数1万回以上から、来月20日以降は「登録者数1000人以上」「過去1年で4000時間の視聴時間」の2つの基準を満たすチャンネルでなければ、広告は付かない仕組みとなります。

そうなると現在ある日本のユーチューブは6592のチャンネルがあり、その中で登録者数1000人を超えるものは4417(18日午前時点)しかありません。

これで約3分の1が脱落します。

次に、再生時間1年で4000時間ですが、これをクリアするのはかなり厳しく視聴者はつまらない動画ならすぐみるのを辞めてしまうので、この時間を達成するには、良質で面白い動画をアップしなければなりません。

題名の「釣り」で、内容のない動画を投稿しているユーチューバーもこれでいなくなります。

 

f:id:gbh06101:20180118212142j:plain

 

そうなると、はじめしゃちょーさん(24)やHIKAKINさん(28)らのトップユーチューバーしか生き残れないのではないかとの意見も出ています。

ただし、これは広告収入を得たい場合のみであり、趣味でYouTubeを楽しみたい方には関係ありませんからご安心を。

 

「YouTube パートナー プログラム」への参加がかなり難しくなる

新しくユーチューバーになり、お金を稼ぐためには「YouTube パートナー プログラム」へ参加しなければなりません。

このプログラムに参加をしたいと思っても、チャンネルの過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上、登録者が 1,000人に到達しないと審査も受けることができません。

審査を受けるだけでも、かなり高いハードルが要求されます。

今後は、新規でユーチューバーになり、お金をもらうということが非常に難しくなりますね。

来年の小学生のなりたい職業ランキングから、ユーチューバーが消えなければいいのですが。