空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【福島県警でパワハラ】部下の上半身裸の写真を掲示‼︎初恋ポエム朗読強制⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180127183917p:plain

要点をざっくり

  • 福島県警は26日、上半身裸の部下の写真を職場に掲示するなどのパワハラをしたとして、災害対策課の男性警部補(37)を減給100分の10(3カ月)の懲戒処分としました。
  • また、部下に繰り返し暴行したとして、暴行容疑で同課の男性巡査部長(29)を書類送検し、停職3カ月の懲戒処分としました。
  • 県警によると、この2人から被害に遭った部下は計11人に上るとされています。

福島県警災害対策課とは

福島県警災害対策課は、東電福島第1原発事故の避難区域の警戒などを担当しています。

 

 

普段は、かなりしっかり仕事をしているように見えますが。

 

初恋ポエムの朗読強制と裸をロープで縛った写真を提示

災害対策課の37歳の警部補は、昨年6月、昇任試験の予備試験で不合格となった部下4人に、罰として「初恋をテーマにしたポエム」を書かせ、勤務場所で読み上げさせました

また、9月には、災害救助に使うロープで体を縛ったり、上半身裸にしロープで縛って部下の男性4人の写真を撮影

ポエムと写真数枚を執務室に掲示しました。

この警部補は、「減給」の懲戒処分になっています。

しかし、今時こんな幼稚なことをしている人がいるんですね。

それも警察官とは。

 

29歳のパワハラ巡査部長、傷害で書類送検

同課の29歳の巡査部長は、去年10月までのおよそ半年間、出張先の宿泊施設で酒を飲んだ際に、延べ10人の部下に対して、殴ったり蹴ったりしたとして暴行の疑いが持たれています。

また腕立て伏せも強要していたようです。
巡査部長は容疑を認めていて、警察は26日に書類送検するとともに、停職3か月の懲戒処分にしました。

 

f:id:gbh06101:20180127185635j:plain

パワハラというより、もはや暴力ですね。

なぜ、こういう人たちは部下ばかりで、上司には向かっていかないのでしょう。

 

他にもある福島県警のパワハラ事件

昨年の6月にも、福島県警の双葉署の男性警部補(36)が、部下をバリカンで丸刈りにし、あんかけを頭にかけて停職3カ月の懲戒処分とされ、この男性警部補は同日付で依願退職しています。

この男性警部補も、元は県警本部災害対策課に所属しており、2015年4月から、飲食店で部下の頭に冷めたあんかけをかけたほか、翌月には部下の尻を足で十数回蹴ったり、15年秋ごろには、バリカンで部下の頭を丸刈りにしたりしたということです。

また、自ら食べたカップラーメンの残り汁を「捨てに行くのがめんどくさい」などとして部下6人に飲ませていたということです。

この男性のパワハラも、災害対策課にいた時のものであり、災害対策課ではパワハラや部下のいじめが常態化していた可能性があります。

 

今後再発防止に努めていくといっているが・・・

福島県警察本部の横田雄也首席監察官は「このような事案が再び同じ所属で発生したことは極めて遺憾であり、今後、再発防止と信頼回復に努めていく」とコメントしています。

しかし、この災害対策課の責任者は(報道の中では)罰せられておらず、そんなに何百人もいるところではないでしょうから、この2人の上司が全く事情を把握していなかったとは思えません。

県警でのパワハラを巡っては、14年4月に捜査2課の警視(当時51)=当時は警部で特例昇任=が自殺しています。

上司にもきちんと責任をとらせないと、また周りが見て見ぬ振りをする可能性も否定できません。