空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【男性巡査長女子トイレを盗撮】普段見れない同僚の姿を見たかった⁉︎

スポンサーリンク

f:id:gbh06101:20180202221720p:plain

 

要点をざっくり

  • 勤務する警察署の女子トイレにスマートフォンを仕掛けて盗撮したとして、警視庁は2日、目白署刑事組織犯罪対策課の男性巡査長(26)を建造物侵入と東京都迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで書類送検したと発表しました。
  • 巡査長は同日、停職1カ月の懲戒処分を受け依願退職しました。
  • この巡査長の盗撮の目的は?

巡査長が女子トイレに自分のスマホを  

警視庁人事1課によると、巡査長は昨年11月下旬~12月上旬に計3回、署内の女子トイレ個室内に侵入。

天井の換気口の鉄格子を外して動画撮影状態にしたスマホを設置し、複数の女性署員を盗撮した疑いがもたれています。

人がいない隙にスマホを設置し、1~2時間後に回収していたということです。

3回目で女性署員がスマホに気づいて上司に報告。

スマホカバーの特徴などから巡査長のものと判明し、聴取に対して行為を認めました。

それにしても、換気口の鉄格子まで外すとは。

すごい執念ですね。

 

この盗撮の目的は

この巡査長は、「普段見ることができない同僚の姿を見たかった」などと供述しているとのことです。

確かにトイレにいる姿は普段は見れないですが、これは明らかに「わいせつ目的」です。

巡査長は「新宿区の居酒屋のトイレで同じことをしたことがある」とも話しています。

こうなると、同僚云々ではなくやはりただの性癖ですね。

 

f:id:gbh06101:20180202221927j:plain

警視庁では「警察職員としてあるまじき行為であり厳正に処分した」としていますが。

依願退職したとはいえ、停職1カ月の懲戒処分。

おそらく、職務規定からいってこれが限界なのでしょう。

民間人になって、また盗撮行為を繰り返さないことを祈ります。