空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【顔ドロボーざわちん】また合成画像をアップ‼︎最新の画像解析が暴く合成写真疑惑⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180306124021p:plain

 

要点をざっくり

  • 何度もメイク写真が合成であると暴かれてもめげないざわちん。
  • また、「顔ドロボー」こと、ざわちんが動き出しました。
  • 今度は、主に平昌五輪に便乗しています。

また「ざわちん」が活動再開

 

昨年の10月に、「ものまねメーク」が合成であると画像解析業者に判定され、しばらく大人しくしていた「ざわちん」が、また平昌五輪に便乗して動き出しました。

 

 

高梨沙羅選手のものまねメークをしたり、ソチ五輪の時に披露した羽生結弦選手のメーク画像をブログに再掲載するなど、積極的に活動を始めています。

 

その一方で合成の事実に関しては、完全スルーを貫いています。

そんな彼女に怒りを燃やした大手コミュニティサイトに集うアンチが、前回同様、都内にある画像解析業者「コンサルティングMiMi」に新たな解析を依頼しました。

 

このお金は、ひと月足らずで100人以上の方達が30万円以上のカンパを集め、依頼したものだそうです。

 

頭が下がりますね。

 

この「コンサルティングMiMi」はこれまで画像の真偽をめぐる裁判で一度も負けたことがない、無敗を誇る専門業者です。

 

もちろん今回の解析結果についても、もし、ざわちん側に訴えられても「負けることはない」と相当な自信を持っているということです。

 

ざわちんが合成した有名人たち

嵐・大野さん⇨合成

 

f:id:gbh06101:20180306102417p:plain

【結論】全体的に過度なレタッチ(写真の修整作業)処理がされている。

【詳細】
・A ⇒髪の毛にはマスキング(もともとある画像を隠して見えなくすること。語源は「マスク」)の跡が残っている。
⇒色濃度の異常が目視でも確認できる。

・B⇒顔部分が切り抜かれて使われているため、顔が異常に小さく、首がない。
⇒顔が浮いているように感じるのは、胴体と顔が別々のパーツで合成されているから。

・C⇒顔の輪郭に衣装の色がにじんでいる。これもレタッチの証拠。

・D~E⇒胸元の緑色のアイテムには撮影時の光源が発生している。ところが顔の部分は、光源を無視した色バランスになっている。つまり顔と緑色のアイテムは、もともと別の画像

 

出典:サイゾーウーマン

 

桐谷美玲さん⇨合成

 

f:id:gbh06101:20180306102831p:plain

 

【結論】合成処理されている。顔の大きさが比較元と比べてかなり小さく、位置やサイズ全てにおいて一致しない。

【詳細】

・A⇒あまりにもずさんな合成処理をしているため、マスキングの跡がわかる

・B⇒顔と手の色濃度が全く違う。もし手の色濃度が正しいのであれば、後ろの顔がここまで暗くなることはない。

 

出典:サイゾーウーマン

 

MEGBABY(モデル)⇨「別人」

きわめつけは、これです。

 

f:id:gbh06101:20180306103459p:plain

 

【結論】別人

顔の形やパーツが全く一致していない。右(普段のざわちん)が、左(メークしたと思われるざわちん)よりも顔が大きい。

 

出典:サイゾーウーマン

 

ここまでくると、完全な詐欺ですね。

このひたとたち以外にも

 

・GENERATIONS・片寄涼太さん

・浅田真央さん

・羽生結弦選手

たちも全て合成だと判明しました。

 

全体的な画像解析の総括

このざわちんの画像合成について、MiMiは


・全体的にどの画像も合成処理の技術力が低い
画像処理の基礎知識がない状態で作られているのが確認できる。

 

と総括しています。

 

やるにしても、もう少し「画像処理」を勉強すべきだと思います。

 

 そしてまたスルーして逃亡

 

 

 

特に本人は反省していないようですね。

 

コメント欄も閉じられているので、インスタグラムに自分の意見のみをのせています。

これだけ嘘がバレても、何か訳の分からない抽象的な反論をしているようです。

 

明るい(ハッピー)な未来は、「嘘つき」にはもうこないと思います