空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【動機は性癖】警察官わいせつ関連の押収物を盗む‼︎盗撮と不倫まで発覚⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180325082202p:plain

 

要点をざっくり

  • 大分県警は22日、捜査資料を盗んだり盗撮をしたりしたとして、臼杵津久見署生活安全課の30代男性巡査部長を懲戒免職処分にしたと発表しました
  • 盗んだ捜査資料は、押収したわいせつなCDーRやDVDです。
  • 動機についてこの元巡査は、「性癖です」と供述しているということです。

巡査部長が書類送検

 

 大分県警は22日、捜査資料を盗んだり盗撮をしたりしたとして、臼杵津久見署生活安全課の30代男性巡査部長を窃盗と県迷惑行為防止条例違反の両容疑で大分区検に書類送検し、懲戒免職処分にしたと発表しました。

 

盗んだとされる捜査資料は、わいせつ関連事案で押収などしたわいせつなCD-RやDVDなど百数点です。

 

工藤秀幸首席監察官は記者会見で謝罪し、「盗撮など依存性のある性的嗜好の改善をする病院があることを警察官に広く周知させる」ことを明らかにしました。

 

警察官にはこの手の依存症?を持っている人間が、結構いるということなのでしょうか。

 

スマホで盗撮「数十回」

 

同課によりますと、今回の不祥事は、大分中央署員が別件の捜査で大分市内の商業施設を訪れた際、施設側から盗撮事件の相談を受けて発覚しました。

 

この巡査部長は今年の1月上旬、大分市内のリサイクルショップや商業施設で、女性3人のスカートの中をスマートホンで盗撮したとしています。

 

f:id:gbh06101:20180325082857j:plain

 

捜査の事情通によると

「別の盗撮事件でスーパーから相談を受けていた捜査員が、店の防犯カメラの画像を確認したところ、見覚えのある男が映っていた。捜査員は以前、この巡査部長と一緒に仕事をしたことがあり、『似ているヤツを知っている』とピンと来たそうです。この巡査部長は生活安全課に所属し、盗撮事件なども担当していたため、手口などに関しては詳しかったはずですが、防犯カメラがあることに気づかなかったのだから、抜けています。カメラには、巡査が女性の背後でかがみながらスカートの中にスマホを差し入れる様子がバッチリ映っていました。スマホには数十枚の盗撮画像があり、本人は『数十回やった』と盗撮を認めているそうです」

 

まさか同僚の警察官が盗撮をしていたとは、この警察官もさぞびっくりしたことでしょう。

 

わいせつ関連の押収物を盗む 

 

さらにこの捜査の過程で勤務地近くのこの巡査部長の自宅を家宅捜索すると、計100枚以上のわいせつなDVDやCD-Rが見つかリました。

 

すべて捜査で押収し、処分する予定だったもので、2016年11月と17年10月の2回、何食わぬ顔で「私が廃棄しておきます」とウソまでついて家に持ち帰っていたということです。

 

 

工藤首席監察官は今後について病院の周知のほか、「証拠品や押収品を処分するときは課長らが立ち会うなど、規定を厳格にする」と述べています。

 

警察官が、覚醒剤関係を持ち出して売るという事件はありましたが、自分の趣味のために押収したDVD等を家に持ち帰るとは。

 

この巡査部長は既婚者ですが、ここまでしてわいせつなDVDが欲しかったのでしょうか。

これは立派な窃盗です。

 

さらに不倫も発覚

 

この巡査部長は、既婚者でありながら17年1月~今年3月上旬、不適切な異性交際(不倫)をしていたことも発覚しました。

 

この巡査部長のスマホには、盗撮画像以外に、奥さんとは別の女性とのツーショット写真が何枚かあったということです。

 

『誰なんだ』と捜査員が尋ねたところ、『実は…』と言って不倫をしていることまで話し出したとのことです。

ちなみに不倫相手との行為そのものの動画はなかったようです。

 

この巡査部長は一連の行為の動機について「性癖です」と供述しているということです。

 

「性癖」や依存症で済まされる問題ではないと思うのですが。

 

私は、警察全体が「盗撮」を依存症として取り組むというのも、何かずれているような気がします。

そんな民間の会社は聞いたことがありません。