空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【そだねー 】北見工大が2日早く商標登録出願‼︎「鬼嫁」も商標登録済み⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180327220716p:plain

 

要点をざっくり

  • 先日から物議を醸している、六花亭の「そだねー 」の商標登録。
  • 27日、北見工大の生協が2日早く商標登録を出願していたことが分かりました。
  • それと、意外にも「鬼嫁」も商標登録されていたことが判明しました。

「そだねー 」商標登録問題

 

平昌冬季五輪のカーリング女子で銅メダルを獲得したLS北見(北見市)の選手たちが使う相づち「そだねー(そうだね)」を、北見工大(同市)の生協が特許庁に商標登録出願していたことが27日、分かりました。

 

 

帯広市のお菓子メーカー「六花亭製菓」より、2日早い出願でした。

商標は、先に出願した者に権利が与えられる原則です。

 

北見工大生協は2月27日に出願しましたが、その前にも出願者がいる可能性がまだあります。

 

LS北見と北見工大の関係

 

同生協によると、LS北見の鈴木夕湖選手が大学の卒業生で、柳等准教授が日本カーリング協会の強化委員長を務めるなどLS北見との関わりが深いとのことです。

 

 

北見工大では、卒業式に間に合うよう、黒地に白文字で胸に「そだねー」の文字を入れ背中にストーンが描かれた記念Tシャツ50着を作ったところほぼ完売。

 

 

さらにリクエストが多く注目度も高いことから、販売に支障が出ないように「文具、衣料、菓子」の使用区分で商標を申請したということです。

 

北見工大生協によると、菓子や文具などの商品名に使用する考えで、売上金の一部をカーリング振興に役立てたいと語っています。

 

あの六花亭は、世間にバッシングされただけで、結局、商標登録の権利さえなかったということになります。

 

「鬼嫁」も商標登録していた

 

 元女子プロレスラーでタレント・北斗晶さん(50)が27日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に出演し、「鬼嫁」を商標登録していることを明かしました。

平昌冬季五輪で活躍したカーリング女子で話題を呼んだ「そだね~」という言葉が、特許庁に商標登録出願されていたことを紹介した際に明らかにしました。

『鬼嫁』は実は私が商標登録をしています」と明言。「残念ながらお酒だけは先に取られていたので、北斗晶の『鬼嫁』のお酒やワインは一切売る権利がない。早いもんがちなんだよね」と話しました

 

 

この、お酒類だけは、売る権利がないとのことです。

でもこんなお酒があること自体知りませんでした。

きっかけは北斗さんの元にファンが「鬼嫁Tシャツ」を持ってきてサインを求められたこと。

 

 

「鬼嫁のTシャツ出てきて、サイン求められるようになったけど、私の商品じゃなかったので、きちんとしないといけないと思った」とのこと。

 

「お金目的ではないですよね?」と念を押されると「半分はお金目的で」と冗談っぽく笑っていました。

 

「そだねー 」がLS北見と全く関係ない、お金儲けのための第三者に先に登録申請されてなければいいのですが。