空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【札幌バラバラ遺体遺棄】神被告「クスリ」も‼︎被害者との関係は⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180330134458p:plain

 

要点をざっくり

  • UHBニュースで「19歳の女性」の遺体遺棄で逮捕された神智慶被告(31歳)が、覚醒剤取締法違反の罪で追起訴されたことが判明しました。
  • 読者の方にこのニュースを教えていただきました。
  • 28日に、仕事で岩見沢に行ったので現場を見てこようと思ったのですが、あまりに山奥で断念したところでした。

主犯格の神被告はクスリの常習者?

 

 NHKニュースによると、2月に岩見沢市の山中で、三好邑璃(みよしゆうり)さん(当時19歳)の遺体の一部が見つかった事件で主犯格とみられる札幌市の飲食店経営、神智慶被告(31歳)が麻薬取締法違反の罪で追起訴されました。


神被告は、傷害事件で先月5日に逮捕された際に自宅からクスリの粉末0.098グラム(およそ0・1)グラムが見つかったとして覚醒剤取締法違反の疑いで再逮捕されていました。

 

f:id:gbh06101:20180330133352j:plain

 

検察は、神被告の認否を明らかにしていません。

 

このクスリの話は初めてです。

 神被告がクスリまでやっていたとなると、やはりかなりヤバイ人物ですね。

 

0.098グラムの意味するもの

 

ネットで調べると、クスリの使用量は、1回当たり0.02~0.03グラムとされているようです。

 

常習者になると、1回で0.1グラムくらい使う人間もいるようですが、だいたい3〜4回の使用量になります。

 

0.1クラムは、価格にすると5千円〜1万円です。

 

ちなみに、致死量は1回1グラム程度のようです。

 

おそらく、この中途半端なクスリの残り方は、使いかけで残っていたものと思われます。

また、量からいくと売人ではなくただの常習者のようです。

 

三好邑璃さんは、クスリにまつわるトラブルに巻き込まれた可能性も出てきました。

 

いまだに見つからない遺体


神被告と他2人は去年12月、当時19歳の三好邑璃さんの遺体を札幌市中央区から北区に車で運んだあと、岩見沢市の山中に遺棄したとして死体遺棄の罪で、すでに起訴されています。

 

UHBニュースの情報ですが、すでに中央区で遺体になって、北区に運ばれています。

一応ほとんどのニュースに目を通しているのですが、これも初めての情報です。

 

警察ではある程度の犯行場所を掴んでいる可能性があります。

 

 


 

 現在、頭部と頭髪のみ発見されており、胴体部分についてはいまだ見つかっていません。

 

この胴体部分が発見されなければ、死因が特定できず単なる遺体遺棄事件で終わる可能性もあります。

 

警察は今後、雪どけを待って遺体の一部が見つかった岩見沢市の現場で捜索を再開する方針で、このクスリと遺棄事件との関連についても慎重に調べることにしているとのことです。

 

遺体遺棄までの経路

札幌市中央区から北区、それから岩見沢の山中ですから、60km以上あります。

車で高速を使って、1時間半弱です。

 

f:id:gbh06101:20180330130126p:plain 

出典:グーグルマップ

遺体遺棄場所

 

f:id:gbh06101:20180330130150p:plain

 出典:グーグルマップ

 

場所を岩見沢市の方に聞いたのですが、岩見沢からかなり離れており、岩見沢とはいってもよく分からないほどの山奥とのことでした。

 

このままでは遺体遺棄事件で最高「3年以下の懲役」

 

遺体遺棄については刑法190条で

 

『第190条』

死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、3年以下の懲役に処する。

 

とあり、最高でも3年以下の懲役です。

 

先日記事にしましたが、絶対殺害していると思われていても遺体が出てこないため、殺人罪に問われず、民事で殺人罪を認めさせた事件がありました。

 

 この事件は、遺体が時間が経過したためミイラ化し死因が特定できず、被告らも「黙秘」したため物証が乏しく、死亡した経緯が判明しないために、結局傷害致死では不起訴になっています。

 

やっと、山では雪が溶けてきていますが、本当に山奥なので遺体を探し出すのは至難の技です。

 

このまま遺体が見つからないのだけは、被害者のためにも避けたいですね。