空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【花粉症対策】環境省推薦‼︎「インナーマスク」がツイッターで話題に⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180330205607p:plain

 

要点をざっくり

  • 市販のマスクに一手間加えるだけで、「99%花粉をカット」。
  • 環境省の「花粉症環境保健マニュアル」に紹介されている花粉の予防法が、ツイッターで話題を呼んでいます。
  • その予防法とは「インナーマスク」をマスクの内側にするというやり方です。

話題のツイッター

 

最初に、tetsuさんがこの環境省の「インナーマスク」を紹介しています。

 

 

それをHALさんが、リツートしています。

このHALさんというのは、自己紹介によると『某地方で育児中の医師。「マイナビウーマン子育て」で子育て世代向けコラム連載他色々書いる』そうです。

 

さらに、作り方を詳しく解説しています。

 

 

 

インナーマスクの効果

 

環境省の花粉症環境保健マニュアルによると
 

f:id:gbh06101:20180330202905p:plain

 

このグラフのように、不繊布マスクだけでは、その除去率は最大でも約85%で、実験開始から1時間20分後には70%程度まで落ち込んでいます。

一方、インナーマスクを着用した場合は、2時間の間ずっと90%後半の除去率が持続していることが実験で分かっています。

 

これはやらない手はないですね。

 

インナーマスクの作り方

 

作り方は簡単で、用意するのはガーゼと化粧用コットンだけです。

まず、化粧用のコットンを丸めて、縦長に切ったガーゼで包み「インナーマスク」を製作し、それを鼻の下に置きます。

 

その上で、縦横10センチ程に切ったガーゼを4つ折りにしたものを、市販のマスクに当てて装着します。

 

息苦しい場合は、インナーマスクのコットンを半分にしても良いということです。

 

f:id:gbh06101:20180330204158p:plain

 出典:花粉症環境保健マニュアル

 

HALさんのブログの方がよりわかりやすく書いています。

 

 

北海道はスギの花粉はないのですが、白樺と粉塵がひどくてアレルギーで鼻水と目のかゆみがひどいです。

 

一度これを作って試してみたいと思います。