空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【たけし独立】軍団が明かす真相‼︎やっぱりたけしは「漢」だった!

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180402130628p:plain

 

 

要点をざっくり

 

  • たけし軍団のメンバーがビートたけし(71)独立について公式ブログで詳細な経緯、見解を発表しました。
  • そこには、週刊誌等で原因とされる愛人については関係ないとされています。
  • これが本当なら、やはり森社長との確執が原因のようです。

たけし軍団がブログでたけし独立の真相を発表

 

たけし軍団のつまみ枝豆(59)ダンカン(59)グレート義太夫(59)、漫才コンビ浅草キッドの水道橋博士(55)が1日、それぞれの公式ブログで、ビートたけし(71)がオフィス北野を退社、独立したことについて詳細な経緯、見解を発表しました。

 

f:id:gbh06101:20180402075243p:plain

出典:水道橋博士YouTube

 

各たけし軍団のブログの出だしこそ違うものの、「声明文」の内容は一緒です。

 

「株式会社オフィス たけし軍団一同」として発表されています。

 

水道橋博士(55)の公式ブログによると


マスコミ、報道機関の皆様におかれましては、平素より温かいご支援ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。


今回は、お笑い芸人にあるまじき、「真面目」なお知らせを、こちらより申し上げますが、何卒、ご理解ください。

 

まず、メンバー各自のblogで発信させて下さい。

 

株式会社オフィス たけし軍団一同

出典:水道橋博士公式ブログ

 

から始まっています。

 

森社長への不信感

 

この「声明文」の内容からいくと

 

いままで、オフィス北野の経営について、たけしは芸に徹するため、経営、財務については森昌行社長を信用し、全面的に任せていました。

 

しかし、数年前、たけしが保有する別会社の株式に関する疑義が発生した際に、たけしが不審に思い、事情を調査したところ、「明らかな違法行為」があったため、経営を見直したのがきっかけとされています。

 

そうしたところ、二つの問題が発覚したということです。

 

(1)同社の森昌行社長がたけしに相談なく、大株主グループから株式を買い取り筆頭株主になった

(2)森社長らの役員報酬が容認しがたいほど高額で、承認株主総会が開催されていない

 

これについてはたけしも知らず、商法上必要な手続き(取締役会での承認)もされていない違法行為だとしています。

 

「オフィス北野」赤字に転落

 

森社長は、これらのことについて、たけしとの協議を重ねて、信頼を失ってしまうような行為をしてしまったことを平に陳謝し、「今後は信頼を回復するために頑張りますので再度チャンスを下さい」と謝罪するところまで至り、一度はおさまったとのことです。

 

しかし、さらに問題が発生しました。

平成29年9月末決算において、オフィス北野が赤字に転落してしまったというのです。

 

たけしは、1年に10億ともいわれる売り上げ(働き)があるのにおかしいということで森社長に説明を求めたそうです。

 

そして、平成30年2月11日に、たけしの等々力のご自宅で、森社長と公認会計士、そして、たけし軍団一同で集まりまり説明を受けたとのことです。

 

たけしがしびれをきらし独立

 

その説明で、たけしは次の4つの不満を持ったといっています。

 

① 株式の移動に関する手続きの不備

② 役員報酬の水準に関する不満とその決定に関する手続きの不備

③ 従業員の給与水準に関する不満

④ フィルメックスに対する人件費負担を容認できないことと、これに関する手続きの不備。(フィルメックスは、森社長が理事長を務めるオフィス北野の映画関係の関連会社)

 

f:id:gbh06101:20180402130729p:plain

出典:アウトレイジ

 

また、前回の騒動の際にたけし軍団のプロモーションに注力するという約束が全く実現できていなかったこと。

 

その結果、井手らっきょが活動拠点を熊本に移さざるを得なくなったことをあげたそうです。

 

これらの指摘について森社長は、報告・連絡・相談及び、法令で定められている承認手続きに不備があったことを認め、謝罪したとのことです。


そして、森社長の所有する株式の全てを、たけしの指図に従い、たけし軍団の面々に贈与すること、及び会社を縮小し、社員に対する高額給与の体質を改善する約束をしました。

しかし、これらの約束も遅延するに至り、平成30年3月に入り、たけしがしびれを切らして独立することになったということです。

 

これが、世を騒がした、「ビートたけし独立の経緯」です。

 

「愛人に洗脳」の問題について

 

  また、独立に関して「50代女性のビジネスパートナー(愛人)に洗脳」と一部で報道されたことは「影響を及ぼす余地があったとはとうてい思えない」と否定しています。

 

そして、まるでたけしが、自分だけの利益を考えて逃げ切ったかのような報道は、事実無根としています。

 

軍団としては、森社長が軍団や所属タレントのために経営に取り組みたいとの意向を示したため、オフィス北野に残ることを決めたということです。

 

たけし軍団メンバーの声明文発表に対し、森社長は同日「このような文書が一方的にネット等を通じて流されたことに、驚きを禁じ得ません。内容に関してもきわめて不本意であるので、あらためて対応いたします」とコメントしています。

 

たけしには事前に報告

 

 ダンカンによると、軍団は1~2週間前から、たけしの指示ではなく自発的に弁護士と相談しながら文面の作成に着手したとのことです。

 

公表前にたけしに報告すると「あまり、きつくやりすぎるな」といわれたと語っています。

 

森昌行社長には事前報告せず、たけし軍団一同の名前で今回のブログでの「声明文」の発表を実行しました。

 

また、今回の声明文発表に至った理由について「誤った憶測による殿(たけし)の報道が出る前に、事実を明らかにしたかった」と説明しています。

 

また、森社長ともう一度「一から出直す」とも話しています。

 

たけしは一部週刊誌で報道されているような「愛人」の ためではなく、自分の筋を通すために独立したようです。

 

やはりたけしは「漢」ですね。