空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【オフィス北野】20代マネは年収1800万円‼︎森社長は1億超⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180404061702p:plain

 

要点をざっくり

  • ビートたけしさん(71)の「オフィス北野」独立騒動で、「たけし軍団」の古株である井手らっきょさん(58)が「とくダネ!」(フジテレビ系)に出演。
  • らっきょさんは、同事務所の若手社員の超高額年収に対する不可解さを番組内で話しました。
  • 仕事中にジムに通うマネージャーもいるとのことです。

井手らっきょが内情を暴露

 

たけし軍団の井手らっきょさん(58)は2018年4月3日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)に出演し、オフィス北野の内情を明かしました。

 

その中で、ビートたけしさん(71)の「オフィス北野」独立騒動で、らっきょさんが同事務所の若手社員の超高額年収に対する不可解さをあらわにしています

 

明らかに「何もしてないだろう」という20代のマネジャーが1000万円以上の年収をもらっていると暴露したほか、それにもかかわらず、仕事中に「事務」作業ならぬフィットネスの「ジム」に行く社員もいたとして「ふざけんな」「ありえない」と激怒しています。

 

井手らっきょが熊本に行った理由

 

1日にたけし軍団の各メンバーがブログで出した声明文によると、森昌行社長(65)が必要な手続きを経ずに株式を大量取得して筆頭株主となり、会社の経営を「私物化」しているとたけしさんが指弾。

 

また、今後「たけし軍団のプロモーションに注力」することも含め、経営方針をたけしさんが指示したということです。

 

しかし、森社長ら事務所側はこうした「約束」を果たさず、「結果、井手らっきょが活動拠点を熊本に移さざるを得なくなるような状況」になったと主張しています。

 

井手さんは「とくダネ」の取材で、事務所が東京での仕事をプロモーションされなかったかどうかについて「それはそうですよね」とうなずきました。

 

ただ「まあ、仕事をとれなかったのは芸人として自分の力がなかったことなので誰も責められない。ただ、事務所が僕だけでなく他のタレントもプロモーションしてくれればよかったのにな、というのはある。それで熊本で頑張ろうという気にはなった」と話しています。

 

現在、故郷の熊本ではレギュラー番組2本が決定しているのに加え、自身がマスターをつとめるバーも開店予定ということです。

 

森社長の冷たい反応

 

井手さんは帰郷にあたって当然、社長にも話そうとしましたが、「僕はそういう立場ではありませんから」と電話を切られたということです。

 

やはり「冷たい」と感じ、たけしさんに話したところ「それはないだろ」と話していたということです。

 

事務所のマネジャーの超高額給与についても不可解な思いをあらわにし、矢継ぎ早にぶちまけました。

 

20代のマネージャーで年収1800万円

 

井手さんによれば、事務所の20代社員の給与は「1800万円」、さらに森社長の報酬は「1億円超」だったということです。

 

芸能事務所のマネージャーの平均年収は500万円〜600万円といわれていますから、かなり法外な年収です。

 

f:id:gbh06101:20180404063328j:plain

 

それも誰が見ても、こいつは何のために事務所にいるんだろうというマネージャーやスタッフもおり、そういう人たちが何千万という年収をもらっていたとのことです。

 

らっきょさんは番組内で

 

「なんでこいつに何千万も渡すの? マネジャーは事務的な仕事をしているけど、『あれ、あいつどこ行ったの?』と聞いたら、「事務ね」「こっちの(フィットネス)ジムです」と。ふざけんな、お前は。仕事中だろ。それで事務所から何千万ももらってるって、あり得ないだろと」

と語気を強めていました。

 

この高額な年収については、社員本人たちも認めています。

 

20代の社員が何もせずに、2000万円弱の年収をもらいジム通い。

その上会社は赤字経営。

40代、50代のおじさんが汗水垂らして、汚れ仕事では確かにやってられませんね。

 

また、森社長の「きわめて不本意」という反論にも、たけし軍団は徹底抗戦の構えですから、現在、この問題の収拾のメドは立っていません。