空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【土俵に大量の塩】市長の命を救った女性達‼︎去った後の土俵に塩⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180405220950p:plain

 

要点をざっくり

  • 京都府舞鶴市で4月4日に行われた大相撲の春巡業で、土俵上で多々見良三市長(67)がくも膜下出血で倒れました。
  • その救助にあたった女性たちに対し、土俵から降りるよう求める日本相撲協会の場内アナウンスがあったことが報じられました。
  • 女性たちが降りた後に大量の塩がまかれたことが、さらに問題となっています。

心臓発作で倒れた市長を女性たちが心臓マッサージ

 

大相撲舞鶴場所が舞鶴市の市制施行75周年の記念行事として、舞鶴市内の体育館で開かれました。

 

その際に、多々見良三市長(67)があいさつの途中で突然意識を失い、土俵上で倒れました。

 

多々見市長は病院に搬送され、「くも膜下出血」と診断。

手術を受け、1カ月ほど入院することになりました。

 

 YouTubeに掲載された当時の様子を伝える動画では、土俵に倒れた市長を男性たちが取り囲む中、女性が中心部に入り、心臓マッサージを続けています。

 


その後さらに女性数人が土俵に上がったところ、「女性の方は降りてください」と2回、場内アナウンスが繰り返され、場内にはどよめきが起きました。

 

 土俵に女性が上がることはタブー

 

大相撲において、女性が土俵に上がることが禁じられているのは周知の事実ですが、人命よりも伝統かという声が出てネットで炎上しています。

 

 「人の命よりも伝統の方が大事か」「時代遅れ」など、ネットやテレビでもすでに話題になっています。

 

これについて、日本相撲協会は、HPとTwitterで謝罪文を掲載しています。

 

 

 女性たちが去った後に大量の塩

 

この問題には続きがあり、複数の観客によると、女性を含む救護にあたった人たちが土俵から降りた後、相撲協会関係者が大量に塩をまいていたとの事です。

 

f:id:gbh06101:20180405221143j:plain

 

それでまた、ネットが炎上して、Twitterのトレンドワードにもなりました。

 

 

 相撲協会が謝罪会見

 

5日、日本相撲協会で尾車事業部長(60=元大関・琴風)が報道陣に対応しました。 

巡業を担当した松ケ根親方(43=元幕内・玉力道)から報告を受けた尾車事業部長は行司のアナウンスについて「(観客席の声に)あわてて反応してしまった」と経緯を説明し、幕下や三段目が担当している巡業の放送体制を変える必要があると言及。

 

「女人禁制」の伝統には「人命より大事なものはこの世に存在しない。女性が土俵に上がってはいけないという話とは違う次元の話」と明言しました。

また、市長の搬送後に大量の塩がまかれたことに対し、一部で報道のあったような女性が土俵に上がったことが理由ではないと強調。

 

「本場所でも稽古場でもアクシデントがあったときに連鎖を防ぐために塩をまいている。女性だから、というのは強く否定したい」と続けています。

 

相撲界は相変わらず問題が多いですね。

アナウンスを聞く限り、かなり落ちついているように聞こえましたが。

 

最近、相撲協会は何をやっても炎上します。