空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【アレフの正体】一般市民を相手にせず‼︎電話のたらい回しと居留守⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180415062705p:plain

 

要点をざっくり

  • 昨日は仕事が休みだったので、アレフに行ってパンフレット等をもらい、近隣住民として「集団自殺」について聞きたいと思い訪問するためのアポをとろうとしました。
  • 最初、豊平区にある教団事務所に電話しましたが、電話に出られた方に白石にある札幌道場に電話してくださいと言われました。
  • 言われるまま、白石道場に電話すると、今度は「広報のアラキ」さんに電話してくださいとのことです。この電話の、たらい回しはお役所ですね。

アレフに電話した結果です

 

昨日、札幌に最初にできた豊平区のアレフの事務所に電話しました。

 

  そうすると40代くらいの女性が電話に出て、札幌道場に電話してくださいと言われました。

 

仕方がないので、白石区にある札幌道場に電話したところ、30代とみられる女性が出て、「私は白石区に住んでいる〇〇と言います」と名乗り、「パンフレットでも入会案内でもいいのでお伺いするのでくれませんか」というと、それは広報部の「アラキ」を通してくださいと言われ「東京ですね」というと「ええ」と言われました。

 

東京の道場に電話すると「留守電」でした。

時間をおいてまた電話しましたが「留守電」です。

 

また札幌道場に電話すると、先ほどと同じ女性が電話に出たので、広報部につながる電話番号を教えて欲しいというと、

 「それはできません。留守電なら留守電に吹き込んだらどうでしょう・・・フフフ

と言われました。

 

「フフフ」とは・・完全にバカにされていたようです。

 

普通に意地悪できるんですね。

少し安心しました。

 

豊平区の事務所に行ってみました

 

白石の道場は何度か行きましたが、呼んでも人が出てきてくれません。

 

そのため、規模の小さい豊平区美園の事務所に行きました。

 

看板は出ていませんが、この茶色い建物です。

 

f:id:gbh06101:20180414222208j:plain

 

建物についていました。

何でしょう?

 

f:id:gbh06101:20180414222337j:plain

 

失礼にならないようにマスク(花粉対策用)を外し、素顔を出してチャイムを鳴らし、「〇〇と申します」ときちんとカメラに向かって話しましたが、返事がありません。

 

f:id:gbh06101:20180414222441j:plain

 

よく読むと、外側の玄関は開いているので、内側のドアのチャイムを鳴らしてくださいとも書いてありました。

 

一つ外側のドアを入って、内側のドアにのチャイムを鳴らしましたが、返事がありません。

 

f:id:gbh06101:20180414222634j:plain

 

気づいていない可能性もあるので、上についいたカメラにも念のため、「すみません」とあいさつをしましたがやはり返事がありません。

 

 

f:id:gbh06101:20180414222817j:plain

 

 仕方ないので、外に出てまた電話をするとFAXになっています。

(さっきまで通じたのに・・・)

 

一般市民は相手にしないようです。

 

アレフの規則

 

アレフの「コンプライアンス規定」に

 

4.地域社会との協調
事件・犯罪を否定する姿勢を明確に示し、地域社会で平穏に生活していくためのルールを遵守し、地域との協調に努める。

 

 出典:アレフ広報部HP

 

「地域との協調」と書いてあります。

 

アレフのHPには

 

マスメディアの皆様へ》
 近隣の方々のご迷惑になりますので、各道場への直接のご訪問は受け付けておりません。
 ご意見・ご要望は、Aleph広報部のメールフォームまでお送りください。

 

とありますが、私はマスメディアではありません。

 

アレフ広報部のHPのFAQ(ガイドライン)には

 

『Q9】Alephでは地域の住民の方々にどのように対応していますか?』

 

Alephでは、事件・犯罪を否定する姿勢を明確に示し、地域社会で平穏に生活していくためのルールを遵守するとともに、地域住民との関わりと日々の仏道修行の実践を通じて近隣の不安感を解消し、社会の信頼が得られるよう努めています                               

 

出典:アレフ広報部HP

 

これからいくと「地域住民との関わり」「近隣の不安感を解消し、社会の信頼」とあります。

 

しかし、地域住民はバカにして対応しない。

不安はつもるばかりです。

 

それに広報部の「アラキ」が、教団幹部の荒木広報部長であれば、この教団のNO1か2の人なので、いちいち私の電話に出るとも思えません。

 

拠点の住所と電話番号をHPにのせていますが、実態は連絡してもたらい回しで連絡がつかず、自分たちは自由に札幌に出かけて勧誘活動。

 

なんかマルチ商法のようですね。

 

札幌市の規制条例が必要

 

私は先入観念が強く、入会している人たちは騙されて洗脳され信者をしていると思っていましたが「かなり普通」です。

 

「普通に意地悪」をされました

もうとっくに成人していますから、責任能力は十分にあります。

 

HPに書いている、コンプライアンス規定も守られていません。

 

それに、「グルと一緒に転生するぞ‼︎」が一概に集団自殺とは限りません。

主語が抜けていますから、「我々は」なのか「国民共々」「日本人全員」なのか不明です。

 

f:id:gbh06101:20180413214536p:plain

出典:UHBニュース 

 

アレフの札幌道場が国内最大であることからも「足立区反社会的団体の規制に関する条例」のように「白石区の規制条例」の制定が必要だと思います。

 

それに判断能力のない子供をアレフに連れていくのは、「児童虐待」に当たる可能性があるような気がします。

 

これから、札幌市に話しをしてみようと思います。

ここも、たらい回しの可能性が高いですが。