空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【退職金は5361万円】 セクハラ福田次官を待つ優雅な第二の人生⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180422073400p:plain

 

要点をざっくり

  • いまだに、セクハラを認めていない福田淳一事務次官(58)が多額の退職金を手にする予定であることが分かりました。
  • その金額が5361万9232円だと日刊ゲンダイが報じています。
  • セクハラを認めないのは、快適な第二の人生のためか?とも記事に書かれています。

反省のそぶりもない福田事務次官

 

セクハラ問題で辞意を表明した、財務省の福田淳一事務次官(58)。

 

19日未明、被害女性がテレビ朝日の記者だったことが判明しましたが、福田次官は

「(テレ朝の会見は)一部しかとってないでしょ。向こうがお話しになっているところをとってないんで。全体を見てくれと前から申し上げているのに、全体を申し上げればそういうものに該当しないっていうのは分かるはず」

とあくまでもセクハラを否定しています。

 

辞任理由については「仕事にならなくなっているから」と、週刊新潮のせいにしています。

 

反省のそぶりもありません。

 

f:id:gbh06101:20180422073651p:plain

出典:文春オンライン

 

私は、これだけ騒がれてもセクハラを認めないのには、何か思惑があると思っています。

 

 

 

多額の退職金を手にする予定

 

福田次官は、このような状況の中で多額の退職金を手にする予定とのことです。

 

財務省秘書課によると、福田次官は月給117万5000円で勤続36年のため、退職金の基本額は4789万5232円。

 

これに最高レベルの役職調整額572万4000円が加算されて合計5361万9232円となります。

 

f:id:gbh06101:20180422074912j:plain

 

この金額が、退職をすれば退職日から1カ月以内に一括で支給されます。

 

大金ではありますが、大きい民間の会社の役員レベルです。

 (ちなみに、国税庁長官を辞任した同期の佐川宣寿氏の退職金は4999万円です。) 

 

これから待っている天下り生活

 

役人の真骨頂は、ここからの天下りです。

 

今回、世間を騒がせたので少しほとぼりを冷ましてから、天下り生活が始まると思われます。

 

 

それも、年収は1000万円以上にはなるとされています。

 

日刊ゲンダイでは、さらに福田次官の借入金についても自宅の登記簿謄本をとって分析しています。

 

今回のセクハラ報道で、福田次官の取材の時にテレビに映っていた自宅の登記をみると、東京・目黒区にあるこの一戸建ては地上3階、総床面積135平方メートルの豪邸です。

 

福田次官は、この土地を2010年に購入。

 

同年10月、福田氏は土地を担保に2800万円を、翌11年2月には3000万円を金融機関から借り入れています。

 

この合計は5800万円になります。 

 

そして、同年7月に家を新築しています。

 

土地も建物も妻との共有名義で、いくらローンを返済したかは不明ですが、購入から8年経っているので、残りを退職金で払ってもお釣りが返ってくるというのが日刊ゲンダイの見立てです。

 

役人天国「日本」

 

この福田次官の退職後の生活が、日本が『役人天国』といわれる所以です。

 

f:id:gbh06101:20180422075758j:plain

 

このセクハラについていえば、一般企業であれば懲戒解雇もある例で、そうなると退職金はもらえません。

 

しかし、今回のように第三者機関も入らずに、セクハラを本人が否定したままなんの罰則もなく、退職金を満額手にするというのは役人ならではでしょう。

 

今年の1月には、同じく「週刊新潮」のセクハラ記事で、日本ハムの執行役員が航空会社の女性アテンダントにセクハラ発言をしたということで、一緒にいてそれをとめなかった末沢寿一社長までが責任をとって辞任したという事件がありました。

 

この時の発言は『何時まで仕事?』『彼氏とデート?』『制服でするの?』『体を洗って』という発言が完全にレッドカードとされています。

 

福田事務次官の「セクハラ発言」はこれ以上です。

 

 

やはり役人にとっての天国は「日本」にあるのでしょう。