空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【相撲部で夫婦のセクハラ二人三脚】夫は警官‼︎妻は市の特別栄誉賞⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180428080615p:plain

 

要点をざっくり

  • 静岡県の私立高校の相撲部で、ボランティアで指導していた夫婦による、セクハラがあったと報道されています。
  • その高校とは、相撲の強豪校である静岡県沼津市の私立高、飛龍高校です。
  • セクハラをしたのは、同部OBで警察官の20代の夫と、世界大会に出場経験がある30代で元沼津市の臨時職員の妻です。

飛龍高校相撲部でセクハラ

 

日刊スポーツによると、 静岡県沼津市の私立高、飛龍の相撲部をボランティアで指導していた夫婦による、セクハラ問題について26日、同校の坂根英夫校長(70)が取材に応じました。

 

セクハラをしたのは、同部OBで『警察官』の20代の夫と、世界大会に出場経験がある30代で元沼津市の臨時職員の妻です。

 

部の顧問に誘われ、昨年4月から週2回ほど指導に当たっていました。

 

同校によれば、セクハラは顧問が不在の練習中に繰り返し行われていました。

 

一部報道では、夫は男子部員が着替え中に体に巻いていたタオルを女子部員の前ではがし、妻は男子部員に「自分の胸を見たいか」などと発言したとされています。

 

f:id:gbh06101:20180428081807p:plain

 

同校は相撲の強豪校として知られ、3月に行われた全国高校選抜の男子団体で初優勝を果たしました。

 

来月12日に開幕する高校総体県大会には、出場を予定しています。

 

二人の女子部員が所属

 

当時、相撲部には、姉妹で2人の女子部員が所属していました。

 

現在、被害を訴えているのは姉1人で、両親が昨年10月に様子がおかしいと感じ、話を聞いたところ夫婦の行為が発覚。

 

f:id:gbh06101:20180428082141j:plain

 

顧問に連絡し、学校は同月から、夫婦の学校への出入りを禁止しました。

 

その後、女子部員は部活動を続けていましたが、2月に男子部員から「再度、夫婦に指導してもらいたい」との声があがり、顧問は再び指導をお願いする方向に動きました。

 

これを知った女子部員と家族が抗議。

 

同月、校長と顧問、夫婦はそろって女子部員と家族に謝罪しました。

 

結果的に指導を受けることは無く、夫婦の出入り禁止は継続となりましたが、顧問に不信感を抱いた2人は休部を選択しました。

 

被害を受けた女子部員は、学校側の聞き取り調査に対し「はずかしめられた」と話しており、セクハラの具体的な内容などについては「しゃべれない」と口を閉ざしており、把握できていないとのことです。

 

妻はセクハラ行為を否定

 

中日新聞によると、飛龍高校相撲部でセクハラ行為をしていた妻は、女子相撲の世界大会で活躍を重ね、1月には沼津市から「特別スポーツ栄誉章」が贈られました。

 

妻が勤務していた市スポーツ振興課の担当者は「勤務態度はまじめだったので、セクハラの話を聞いた時は驚いた」と語っています。

 

女子部員の親から市に相談があったことについて、同課の担当者は

「親と妻の言い分が異なるので、セクハラでの処分はできなかった。業務外の出来事とはいえ、市の信用失墜に当たる可能性があるので、職員への注意喚起を図りたい」

と話しています。

 

妻は臨時職員だった市スポーツ振興課に臨時職員として四月から勤務し、今年三月、任期満了により退職しています。

 

夫が勤務している県警では監察課が「内容を調査している」としています。

 

また、県私学振興課は二十六日、同校に速やかに事実関係を報告するよう求めました。

 

妻は市の調査に「冗談みたいなことは言ったかもしれないが、セクハラはしていない」と否定したということです。

 

f:id:gbh06101:20180428082418p:plain

 

この冗談みたいなことが「セクハラ発言」だったのでしょう。

 

「セクハラ発言」をしている方は、下品な冗談のつもりでいることが多いです。

 

妻は中日新聞の問い合わせに応じていません。

 

妻は沼津市の「特別スポーツ栄誉賞」を受賞

 

妻には1月に沼津市から「特別スポーツ栄誉賞」が贈られています。

 

f:id:gbh06101:20180428055531p:plain

f:id:gbh06101:20180428055645p:plainf:id:gbh06101:20180428055546p:plain

出典:沼津市役所

 

 

出典:沼津市ツイッター

 

太田さんは、向かって右側の体の大きい女性です。

表彰状を受け取っている写真も掲載されていました。

 

サンスポで夫婦で記事に

 

サンスポで、この妻が銀メダルをとった時の大会の記事がありました。

 

『太田、夫に感謝の言葉「二人三脚での銀メダル」 Wゲームズ』

 

国際総合大会のワールドゲームズは22日、ポーランドのウロツワフで行われ、相撲女子中量級の太田は「二人三脚での銀メダル」と4月に結婚した雅章さんに感謝した。

夫の母校の飛龍高(静岡)で稽古を重ね、交番勤務の非番の際にはコーチとして胸を貸してくれたという。

決勝でモンゴル選手に寄り切られたが、左膝前十字靱帯断裂による手術とリハビリを乗り越えた日々を振り返り「また世界の舞台に戻れただけでもうれしい」と充実感をにじませた。

 

f:id:gbh06101:20180428061218p:plain

相撲女子中量級で銀メダルを獲得し、夫の雅章さん(左)とポーズをとる太田麻乃

出典:サンスポ

 

これだけみると、とてもいい夫婦で『スポーツ愛』に溢れているようですが。

ただ、警察官の夫の髪型が少し怪しいですね。

 

f:id:gbh06101:20180428072900p:plain

 出典:スポーツ東洋       

 

 東洋大時代 相撲部主将(165センチ 110キロ)

 

 

f:id:gbh06101:20180428072904p:plain

2017年  警察官

 

かなり印象が違います。

 

身長が低いので、警察でなめられないように強面にした可能性もあります。

 

自分たちは、セクハラをしていないと言い張っても、相手がセクハラと感じたらセクハラになります。

 

この夫婦にとっては、セクハラは福田事務次官のように下品な「言葉遊び」だったのでしょうか。