空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【白ブリーフ裁判官】セクハラについてツイート‼︎ブリーフは大丈夫⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180501080330p:plain

  • 白ブリーフ裁判官として有名な東京高裁の岡口基一裁判官が、セクハラについて言及しています。
  • セクハラ・パワハラの問題について、被害者の立場に立って法的な見地からツイートをしています。
  • この岡口基一裁判官とはどんな人物なのでしょう。

岡口基一裁判官とは

 

岡口裁判官は大分県出身で、大分県立高田高校を経て東京大学法学部卒業。

 

f:id:gbh06101:20180501080519j:plain

出典:岡口基一ツイッター

 

ツイッターによると、長男は東大卒業後にキャリア官僚となり、次男は宮崎大学医学部に在籍しているということです。

 

著書の『要件事実マニュアル』シリーズ(ぎょうせい)は実務書としては異例の売れ行きで、弁護士必携の書となっているとか。

 

岡口裁判官が名前を知られるようになったきっかけは、「白ブリーフ事件」でした。

 

ツイッターに自身の白ブリーフ姿を載せていたことなどが問題となり、2016年に高裁長官から口頭で厳重注意を受け、これが複数のメディアで取り上げられて、「お堅い裁判官がなぜ」と話題となりました。

 

今年3月には、ツイッターで殺人事件の被害者に配慮のない投稿をしたとして、文書による厳重注意処分も受けています。

 

 

岡口裁判官の人物像

 

この岡口裁判官とは、いったいどんな人物なのでしょう。

 

福岡県弁護士会に所属する若手弁護士は、上司から「非常に頭が切れて処理能力が高いうえに、人望のある方」だと聞いているそうです。

 

また、『あるべきエリートの姿』とも上司は話しているそうです。

 

f:id:gbh06101:20180501081220p:plain

 

「ネット上での言動は、岡口さんなりの問題提起だと思います。好き嫌いはあるでしょうけど、私は応援しています。白ブリーフは趣味に合わないけど……」と、この若手弁護士は付け加えています。

 

東京高裁は1都10県を管轄、控訴審を多く担当し、任官できるのは超トップエリートだと言われています。

 

岡口裁判官の裁判所での仕事ぶりも、真面目で有能との評判です。



警察官からもあなたも悪いと言われるセクハラ女性被害者

 

今回のツイートは、佐賀新聞ライブの記事を受けてのものです。

 ”

「胸、触らせてよ」。2カ月ほど前、営業職の40代女性(佐賀市)は、取引先の男性に迫られた。拒絶すると、「いいの?おたく、業者でしょ」。

足元を見る言葉が重ねられ、路上ではキスを強要された。

酒席に同席した10人ほどの男性は、潮が引くように去っていった。

 

f:id:gbh06101:20180501080816p:plain

出典:佐賀新聞ライブ 

 

など、女性の弱い立場に漬け込む行為がまだまだあるようです。

 

そして、最近多いセクハラ問題では、女性側にも非があると報道されているものが散見されます。

 

セクハラ被害に関する相談も受けてきた安永恵子弁護士(県弁護士会副会長)は強制わいせつの被害に遭った女性が、男性警察官や社内の調査担当者から「あなたにも落ち度がある」「防ぐことができた」と言われ、落ち込んだとの声がいまだにあるとした上で、「会社の上下関係、営業職などでは企業間の上下関係で、女性が逃げられないという立場を理解しておらず、先入観が抜け切れていない」と指摘しています。

 

前職でも、営業の女性社員が代理店に酒席で胸をもまれ泣いて辞めたそうですが(現場はみていません)、そこの会社の営業部長は「そのくらい我慢できなきゃどこにいってもつとまらない」と影で話していました。

 

そして、代理店が書くべき謝罪文を、文句をいいながら自ら作成していました。

 

岡口裁判官のツイート

 

 

岡口裁判官は、ブリーフのみが取り上げられがちですが、ツイッターをみる限りやはり優秀です。

 

裁判官に対しての世の中のイメージは「清廉潔白」のようですが、私は裁判所で素の裁判官を見ていますが、とても「世俗的」です。

 

自分の出世しか考えていない裁判官とか、「この裁判めんどくさいなあ」と影で話している裁判官も多々います。

 

 

f:id:gbh06101:20180501075147p:plain

f:id:gbh06101:20180501075159p:plainf:id:gbh06101:20180501075201p:plain

最高裁で、セクハラの被害者側の「弱い立場」に対しての判決が確定しています。

 

これは「判例」として、裁判をすれば、他のセクハラの被害者側にも同様に適用されるものと思われます。

 

裁判官がいうのですから、間違いないと思います。

 

ちなみに、ツイッターへの白ブリーフ姿の投稿も「合法」であると、岡口裁判官は「裁判官がいうのだから間違いない」という見解を述べています。

 

私は、今のセクハラ・パワハラにあっているのは被害者側にも非がある、学校でいじめで自殺したのもいじめられる方にも原因があるとする世の中の傾向が、かなりおかしいのではないかと常々感じています。