空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【あなたがもし刑務所に入ったら】刑務所での身分はどの位置⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180517205322p:plain

要点をざっくり

  • 先日、刑務所内のいじめが原因で刑務所を脱走した平尾容疑者がいました。
  • 刑務所内には、昔からヒエラルキー(身分制度)があるといわれています。
  • 過去に薬物での逮捕・服役歴がある男性・五十嵐さん(仮名・40代)に、日刊SPA!では、そのヒエラルキーについて話しを聞いています。

刑務所内で「ヤクザは別格」

 

刑務所のなかでは、様々な罪を犯した者たちが生活しています。

 

この、受刑者には犯した犯罪別に、ヒエラルキー(身分制度)が存在しています。

 

f:id:gbh06101:20180517205410j:plain

 

その中でも「ヤクザは別格」であると、過去に薬物での逮捕・服役歴がある男性・五十嵐さん(仮名・40代)は話しています。

「ヤクザはな、ほかの受刑者よりしっかりしとるんや。刑務作業も真面目、普段の生活も真面目や。だから刑務官に好かれとる。かといってほかの受刑者になめられているかっていうとそうでもないんや。やっぱオーラがあるし、俺らに対してはデカい態度をとって威厳を保とうとしとる」

 

そんなヤクザ達は刑務官には好かれ、ほかの受刑者からは一目置かれるそうです。

 

ヤクザは絶妙なサジ加減で自らのポジションを確立し、上手いことやっているとのことです。

 

まあ、その道のプロですからね。

 

 

「薬物中毒者」の非情な投獄生活

 

薬物中毒で逮捕された受刑者で、「身体的依存・精神的依存がともに高い」覚せい剤で捕まった者などは、その「禁断症状」で苦しむことになるそうです。

 

薬物依存症はしっかりとした手順を踏んで直すべきものですが、刑務所にはいれば、いきなりクスリを断ち切られるのですから大変です。


五十嵐さんは、

「中毒者はまず個室に入れられるんや。もちろん、そのうち禁断症状で暴れだすやろ? そしたら保護房に連れていかれて隔離や。手錠をかけられたまま暗闇に放り込まれるんや」

保護房に入れられた中毒者は暴れる、ドアを蹴る、刑務官にとびかかる、叫ぶなどもう地獄。

 

疲れ果てておとなしくなったところで個室に戻されるそうです。

 

そして2~3日経つとまた暴れだすので再び保護房へ。

 

それを延々繰り返すそうです。

 

きちんとした手順を踏まないせいか、退所後すぐにクスリに手を出すことが多いということです。

さらに五十嵐さんは、「2~3人どころじゃないで? そんなやつがいっぱいおるんや。これホンマの話やで?」

五十嵐さんは、覚醒剤での逮捕歴があるせいか、この保護房の話になると一気に語気が強まったとのことです。

 

刑務所の底辺は「性犯罪者」と「子殺し」

 

これは前にも聞いたことがあり、特に子供に対する「性犯罪者」は、ほかの受刑者からいじめにあうそうです。

 

五十嵐さんも、数ある犯罪の中でもっとも肩身が狭い者は「性犯罪者」だと語っています。

 

また、Abema TIMESによると、全国の刑務所に勤務したことのある出口保行・東京未来大学教授は、刑務所のヒエラルキーについて

 

「トップに立つのは暴力団。どこに所属していたという看板がある人は一目置かれる。有名な事件の受刑者も一目置かれていて、最下層は性犯罪者」と語っています。

 

刑務所内でのヒエラルキー、刑務官との軋轢…元受刑者が抱える塀の中の“ストレス“(AbemaTIMES) - Yahoo!ニュース

 

Abema TIMESより引用

 

f:id:gbh06101:20180517200842p:plain

 

参照:日刊SPA  2015年3月8日

 

私が知る限りでは、このピラミッドが一番刑務所のヒエラルキーに近いと思います。

 

性犯罪者(特に子供対象)や自分の肉親を殺した人間が一番下のはずです。

 

下に行くほど、刑務所の中ではバカにされいじめにあうようです。

 

 

レイプ犯はいじめにあい続ける

 

レイプ犯が刑務所に落ちると、因果応報にアナルを犯されまくるという都市伝説がありますが、実際にはそんな修羅場は滅多にないようです。

 

その代わり、自分の性犯罪の経験を、何度も生々しく告白しなければならないとのことです。

 

f:id:gbh06101:20180517205622p:plain

 

娯楽の少ない刑務所内ゆえに、「聞くポルノ」を提供する語り部としての需要が大きいためです。

 

ただ、これを延々と話し続ける方は地獄です。

 

しかし、これも被害者の苦しみを思えば、当然の報いです。

 

「性犯罪の下に来るのが、自分の赤ちゃんや子供を殺してしまったバカ親。刑務所で一目置かれる存在のヤクザって身内殺しを嫌うんだ。自然とカタギの連中も右に倣えだな。で、さらに下に扱われるのが元警察官ってわけだ」

日刊SPA  2015年3月8日より引用

 

犯罪を犯した人間は、刑務所がただ収監されて自由を奪われる場所と思っているかもしれませんが、中にいるのは自分よりさらに上の犯罪者たちです。

 

最初から、刑務所にはシャバよりきつい、このようなピラミッドがあると分かっていれば、もう少し犯罪も減ると思うんですが。

 

学校で教えるわけにはいかないでしょうし。

 

私が刑務所にはいったとしたら(あくまで仮定ですよ)、身分は3番目ですね。

 

できるだけ(絶対)、刑務所のお世話にならないようにしないと。