空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【日大内田監督】やはり出ていた反則の指示‼︎高級ホテル暮らしを満喫か⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180531053400p:plain

 

要点をざっくり

  • 今回の日大アメリカンフットボールの「殺人タックル」問題で、このタックルを指示したとされる内田正人前監督(62)。
  • 内田前監督は23日の緊急記者会見後、心身の疲労を訴えて東京都内の病院に直行したことになっています。
  • 政治家と同じだなと思っていたところ、都内の高級ホテルの一室に「雲隠れ」していることが関係者の話でわかったと、日刊ゲンダイデジタルが報じています。

内田監督は高級ホテルに雲隠れか

 

 日大アメリカンフットボール部の内田正人前監督(62)が、都内の高級ホテルの一室に「雲隠れ」していることが関係者の話でわかったと、日刊ゲンダイデジタルが報じました。

 

f:id:gbh06101:20180530210503p:plain

 

各社、この記事をスクープとして取り上げています。

内田前監督は23日の緊急記者会見後、心身の疲労を訴えて東京都内の日大病院に直行したことになっています。

 

日大広報部は24日に、「(内田は)心身の疲労を理由に入院した。病院で異常がないか検査する予定」と発表していました。

 

日大は電話が繋がらない状態

 

ところが、実際は病院で検査どころか、都内の高級ホテルでくつろいでいたと、日刊ゲンダイデジタルが報じました。

 

内田前監督が宿泊しているとされる部屋の料金は、1泊(2人)約5万円から7万円超。

 

f:id:gbh06101:20180531051648j:plain

イメージです

 

このホテルは、広いバスタブから都内が一望でき、広大な専用ラウンジあり、専門のスタッフがあらゆる要望に24時間応じてくれるサービスが自慢だそうです。

 

この関係者の話では、内田前監督はこの部屋が大のお気に入りで、日頃からよく利用しているということです。

 

もし、この騒ぎの間、本当にホテルでゆっくりしてほとぼりが冷めるのを待っていたとしたら大問題です。

 

私も、真偽を尋ねるために日大広報部に電話してみましたが、コールのみでいっこうに繋がりません。

 

他の日大の電話番後も同様です。

 

日大自体、今は外部からの電話等を受けていないようです。

(これで大学運営ができているのか心配です)

 

いかし、内田監督のホテル代などのお金はどこから出てくるのでしょう。

 

日大でNO2の実力者

 

内田善監督は日大で、NO2の実力者といわれています。

 

ということは、給料もかなりいいでしょうし、学校の経費も使い放題でしょう。

 

内田監督は、日大の5人しかいない常務理事の一人で、次の理事長候補とも言われている「日大エリート」です。

 

今回の日大のアメフト部の問題は、内田監督がアメフト部の監督というだけでなく、日大の実力者であるために誰も逆らえなかったことも大きな要因です。

 

そして、内田監督は、昨年、関学大を倒して27年ぶりに甲子園ボウル優勝を果たしています。

 

f:id:gbh06101:20180531054430p:plain

参照:日大HP

 

昨年は、「フェアプレー」で悲願の大学日本一になりました。

 

しかし、内田監督は甲子園ボウル2連覇と理事長の椅子が欲しくて、今回の悪質タックルの指示を出したのではという見方もされています。

 

学生からの声明文は拍子抜けの声

 

アメフト部部員による声明文は数日前から発表が噂されており、「内田前監督や井上前コーチからタックルの指示があったと明言する」「コーチ陣の退陣要求を行う」と報じられていました。

 

しかし、発表された声明文は「内田前監督・井上前コーチ」に言及しておらず、指導者の責任を問う文言すらありません。

 

文章のほぼ全てが「部員の責任」を問うもので、一般的な謝罪文とほぼ相違がなく、当たり障りがないといわざるを得ない文面でした。

 

この情報を嗅ぎつけたアメフト部コーチが、選手のミーティング中に弁護士を引き連れ登場し、「声明文を出すと自分たちの首をしめることになるぞ」と恫喝。

 

選手を6時間監視し続けたという真偽不明の情報まで流れています。

 

やはり、何らかの「圧力」があったとみるべきではないでしょうか。

 

JNNでは内田監督からの指示があったと報道

 

関東学生連盟は29日の会見で、内田前監督らが繰り返している「指示はしていない」という証言が「全面的に信頼性に乏しい」としていましたが、内田前監督が反則を直接指示する様子を複数の現役部員が目撃していることが新たにわかりました。

 

「試合前日、または前々日のハドル(会議)の際に内田監督が『QB(クオーターバック)を潰して来い』と言っていたと、これは(部員)みんなが聞いていたとその人は言っています」(関東学連 森本啓司 専務理事)

日大アメフト 内田前監督、作戦会議で「反則してでも潰せ」 TBS NEWS

 JNNニュースから引用

 

f:id:gbh06101:20180531045954p:plain

参照:JNN ニュース

 

この証言について現役部員はJNNの取材に対し、問題の試合前、反則をした宮川選手に向かって内田前監督が

 

「反則してでも相手のクオーターバックを潰してこい」と指示をしたうえで、「俺が責任をとってやる」と発言したと話しています。

 

日大アメフト 内田前監督、作戦会議で「反則してでも潰せ」 TBS NEWS

JNNニュースより引用

 

f:id:gbh06101:20180531050057p:plain

参照:JNN 

 

学生にしてみれば、自分の将来、学費を出してくれている親のことを考えると簡単に「ブッちゃける」わけにはいかなかったのだと思われます。

 

今回、粘り強い調査で「白黒」をはっきりつけた「関東学生連盟」の調査の仕方と姿勢を、他の当たり障りなく「グレー」で調査を終わらせているところは見習って欲しいと思います。