空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【男を見せてみろ】高崎北消防署の分署長が部下に下半身露出を強要‼︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180531120934p:plain

 

要点をざっくり

  • 部下の消防職員の男性に下半身の露出を要求するパワハラ行為をしたとして、男性分署長が減給処分となりました。
  • 分署長は平成28年に、職場の食堂で40代の部下の男性職員を指導していた際、「男を見せてみろ」と下半身を露出させたとのことです。
  • 今月1日に、高崎市長あてに投書があったことで明らかになりました。

高崎北消防署の分署長「下半身露出」を強要

 

部下の消防職員の男性に下半身の露出を要求するパワハラ行為をしたとして、群馬県高崎市等広域消防局は30日、高崎北消防署の男性分署長(54)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分としたと発表しました。

 

f:id:gbh06101:20180531114851p:plain

参照:NHK News WEB

 

井草明仁局長や当時の北消防署長ら5人の監督責任も問い、文書による訓告処分にしました。

 

パワハラに対する懲戒処分は、同局では初めてとのことです。

 

食堂で下半身露出を強要

 

消防局によりますと、この男性分署長は2016年の勤務日の午後9時ごろ、職場の食堂で40代の男性職員を、仕事に関して1~3時間にわたって叱責(しっせき)しました。

 

そして、その職員に「男を見せてみろ」と発言し、同僚がいる中で職員は下半身を露出したということです。

 

f:id:gbh06101:20180531121827j:plain


調査に対し職員は「そうしなければ場が収まらなかった」と話し、分署長は「下半身を露出するように言った覚えはないが、(職員が)露出したことはあった。すべて私の責任。申し訳ないことをさせてしまった」と話しているということです。

 

あくまで、強制されておらず、自分がやってしまったことと部下の職員は話していますが、これは日大のアメフト部の監督と選手の関係に似ています。

 

なにやら、分署長の答弁まで、日大アメフト部の監督の答弁に似ていますが、まさか真似をしたわけではないと思いますが。

 

過去にも下半身露出を強要

 

この分署長は別の消防署の署長補佐だった14~15年、20代の男性職員に同様のパワハラ行為をしていたことも消防局は確認しています

 

井草局長は

「処分理由は下半身の露出を要求した2度の行為だが、(2人の職員を含む)複数の部下や同僚への長時間の叱責など、行きすぎた指導もパワハラと考えている。消防局の体質を変えていかなければならない」

と話しています。

 

この分署長の「男を見せてみろ」というのが、何を意味していたのかをつめていないのは、何か隠蔽を感じます。

 

もしかすると、消防署を辞めろというのを遠まわしでいっていたのかもしれません。

(こういう言い方をして、部下に会社を辞めさせた上司は昭和にはいましたから)

 

それに、このパワハラで減給10分の1(3カ月)というのは、民間の会社では考えられません。

 

高崎北消防局に電話してみましたが、「新聞報道以上のことは教えられない。再発防止に努めていきたい」との回答でした。

 

パワハラの発覚は市長宛の手紙

 

この問題は、5月初めに高崎市の富岡賢治市長宛てに匿名の投書が届き、消防局が内部調査していました。

 

市職員課によると、パワハラ行為を理由にした懲戒処分は高崎市では初めてとのことです。

 

同局はパワハラ対策として、昨年11月に相談窓口を設置したほか、今年1月に撲滅会議を開くなど本腰を入れ始めたばかりだったと語っています。

 

これは、パワハラがなかったのではなく、いままで表面化していなかっただけではないでしょうか。

 

おそらく、パワハラと主張したら、上司からの当たりが強くなるのでみんな黙っていた可能性があります。

 

私はこの機会に、高崎市も含め、再度パワハラの調査をしたほうがいいと思います。