空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【消防士と柔整師が保険金詐欺】元保険会社社員が解説する詐欺の手口‼︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180612125642j:plain

要点をざっくり

  • 整骨院で施術を受けていないにも関わらず、保険金を騙し取ったとして、札幌市の消防士の男と整骨院経営の男が11日に逮捕されました。
  • 札幌の厚別消防署の消防士長・本木敬也容疑者(27)と、整骨院経営の西川祐太容疑者(32)です。
  • 西川容疑者は、別の交通事故の保険金詐欺の疑いでも逮捕されていました。

保険金詐欺で消防士と柔道整復師が逮捕

 

交通事故のけがを治療したように装い、保険金220万円あまりをだまし取ったとして、札幌市内の消防署に勤務する消防士の男ら2人が詐欺の疑いで逮捕されました。

 

 逮捕されたのは、札幌市白石区本通3に住む厚別消防署の消防士長・本木敬也容疑者(27)と、札幌市南区石山1の8に住む整骨院経営、西川祐太容疑者(32)の2人です。

 

f:id:gbh06101:20180612130908p:plain

参照:STVニュース


警察によりますと、本木容疑者は3年前の12月、自ら運転する車で札幌市豊平区を走行中、交差点でタクシーと衝突し、本木容疑者と同乗していた20代の女が軽いけがをしました。

 

本木容疑者と女は事故の後、知り合いの紹介で西川容疑者が経営する整骨院で治療を受けなかったにも関わらず、50日あまり通院したと見せかけて保険金を水増しして請求し、施術費などとして220万円あまりをだまし取った詐欺の疑いが持たれています。

 

保険金詐欺の目的

 

警察の調べに対して2人は容疑を認め、このうち本木容疑者は、「事故した車の修理代金が必要だったので金をだまし取ることを考えた」と供述しているということです。

 

一方の西川容疑者は「借金があり整骨院の売り上げを伸ばしたかった」と、供述しています。

 

f:id:gbh06101:20180612130141p:plain

 参照:NHKニュース

 

水増し請求された保険金は、同乗していた女も含め3人で分配されていたということで、警察は女からも事情を聴き、事件のいきさつなどを詳しく調べることにしています。

 

警察は同様の手口による別の詐欺と詐欺未遂の容疑で、西川容疑者を5月14日に逮捕していました。

 

職員が逮捕されたことを受けて、札幌市消防局の萬年清隆消防局長は、「市民の信頼を著しく損なうもので心から深くお詫びします。事実関係を把握し早急に厳正に対応します」とコメントしています。

 

にしかわ整骨院で行われた詐欺の手口

 

本木容疑者は西川容疑者の経営する整骨院を1日しか受診していないのに、50日以上通院したと偽り、同市厚別区のタクシー会社から治療費など保険金約220万円をだまし取った疑いで逮捕されています。

 

西川容疑者は、「施術証明書」というのに、50日以上の架空の通院日を記載したと思われます。

 

通常、交通事故の治療費については、健康保険証を使わない自由診療ですから、1回5,000円以上の請求となります。

 

f:id:gbh06101:20180612131121p:plain

参照:西川整骨院HP

 

自費でこのお金をだすなら通わないでしょうが、加害者や保険会社が出すので毎日のように整骨院に通う交通事故の被害者は少なくありません。

 

西川容疑者は高額の治療費を、本木容疑者には慰謝料と、もし消防署を休んでいれば休業損害と通院交通費が支払らわれます。

 

整骨院によっては、時々こういう架空請求を行うところが、たまにあります。

 

整骨院は過当競争

 

整骨院は平成10年から増え続けています。

 

その理由は

平成10年「柔道整復師の数は増加してきている状況にあり、従来の養成施設と同様の施設を新たに設立する特段の必要性が見出し難い」ことを理由に柔道整復師養成施設の新設を認めないとする当時の厚生省の処分を取り消す判決が福岡地裁において下されました。
以後、養成施設指定規則さえ満たせば設置を認める方針に転換し、この判決が下されるまで全国で14校だった柔道整復師養成施設が平成22年には100校となり、その卒業生が国家試験を受ける平成25年には、年間6000名以上の柔道整復師が誕生する見込みです。
就業柔道整復師は、特に大都市圏を中心にその数は増え続けており、平成10年全国で29087名であった。平成20年には43946名と15000名弱増えており、施術所も11500か所以上の増加をしております。 

日本柔道整復師会|柔道整復師とは

 

日本柔道整復師会より引用 

 

いまや、整骨院はコンビ二の数と同じくらいになっています。 

 

20年前には、本当に儲かる職業でしたが、いまや過当競争のため、あの手この手で患者を呼び込むのに必死です。

 

一番儲かるのは交通事故の被害者

 

患者の中で、一番儲かるのは、交通事故の被害者です。

 

なぜなら、保険会社が自由診療でいくらでも治療費を支払ってくれるからです

 

整骨院の中には、「交通事故専門」とか「保険会社と交渉もします」などというところまで、でてきています。

 

f:id:gbh06101:20180612131236p:plain

参照:西川整骨院HP

 

西川容疑者の整骨院では、交通事故で通院すると1万円をお見舞金と称して支払っていたようです。

 

この1万円は、治療費に上乗せになります。

 

この保険金詐欺は意外に簡単にやってしまう方がいますが、これは詐欺罪なので「10年以下の懲役」になります。

 

この消防士の男も、過去の犯罪までは上手く消せなかったようですね。