「金持ってこないと遊ばない」小五男子が母親の500円貯金からお金を持ち出す・お金は同級生のゲーム代と飲食代に・名古屋

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

名古屋市で小五の男子児童が同級生6人に「お金を持ってこないと遊ばない」といわれ、自宅から10万円〜20万円を持ち出し同級生たちの飲食代やゲーム代に使われるという事件がありました。

 

名古屋市の教育員会は、同級生6人に謝罪させたということですが、本当にこれでこの同級生たちは反省したのでしょうか。

小五の男子児童が同級生にお金を持ってくるようにいわれ10万〜20万円持ち出す

 

名古屋市の小学5年の男子児童が同級生6人から「金を持ってこないと一緒に遊ばない」などと言われ、家から現金を10万円から20万円も持ち出していました。

 

被害児童の父親は「腹立たしいし、悪質」と話しています。

 

お金は飲食代とゲーム代に

 

名古屋市の教育委員会はいじめの中でも被害者に深刻な影響を及ぼした「重大事態」と認定。

 

ことし8月、名古屋市内の小学校に通う5年生の男子児童が同級生6人から「お金を持って来ないと遊ばない」などと言われ、男子児童は同級生の男子児童6人と一緒に使うため、自宅にあった母親の500円貯金箱からお金を持ち出しました。

 

その後も10月にかけて、男子児童は10数回ほど現金を要求され、同級生らは男子児童と一緒に、市内の商業施設のゲームコーナーで遊んだり、フードコートで食事したりして持ち出したお金を使ったということです。

 

悪質すぎるいじめ

 

教育委員会によりますと、男子児童はすでに同級生たちから謝罪を受け登校していますが、男子児童の保護者は現時点では謝罪を受け入れていないということです。

 

これほどの悪質ないじめをやって謝罪して終わり・・・というのも如何なものでしょう。

 

本当に同級生が反省しているかどうかわかりません。

 

なぜ児童はお金を持っていったのか

 

被害にあった児童が、同級生6人に学校でいじめられたり、無視されるのを恐れるのは当然です。

 

家からお金を持ち出すことに罪悪感を覚えながら、いじめられないためにお金を持っていった児童の気持ちはどれほどのものだったのでしょう。

 

小五の児童とはいえ、罪は罪。

 

このまま謝罪で終わったら、世の中はチョロイと思ってまた「いじめ」や犯罪を繰り返すかもしれません。

 

教育委員会はもう少し有効は手段をとった方がいいのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です