『これまでに殺した猫の数50~100匹』新村健治‼︎ストレス発散で

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

52歳の無職の男が猫を虐待死

 

他人の飼い猫を盗んだとして、52歳の男が逮捕されました。

男は、「これまでに50匹から100匹の猫を殺した」とも話しています。

 



窃盗の疑いで逮捕されたのは、富山市の無職・新村健治容疑者(52)。

新村容疑者は5月19日午後1時半ごろ、富山・射水市内の路上で、飼い猫1匹を盗んだ疑いが持たれている。

警察によると、新村容疑者は「いじめたかった。死んだ猫は用水路に捨てた」と、容疑を認めているということです。

ストレス発散のために猫を殺した新村容疑者


富山県内では、2019年に入り、飼い猫が何者かに連れ去られる被害が相次いでいて、県内の保護グループが男の自宅を訪ねた際、「これまでに50匹から100匹の猫を殺した」とも話していました。

新村容疑者はストレス発散のため、猫をお湯をかけたりして殺したとも・・・・。

 

 

そしてその猫たちを用水路など捨てたとも語っています。

警察は、器物損壊や動物愛護法違反の疑いも視野に入れ、余罪を調べています。

悪いことをしたという意識のなさそうな新村容疑者

 

新村容疑者には「悪いことをしたという罪悪感が感じられません。

知的障害があるという情報も出ています。

 

 

 

 

父親が亡くなって一人暮らしになり、誰も相手にしてくれないストレスで猫を殺した。

それも、せっかく苦労してつかまえた猫が「すぐ死んでしまうと面白くないので、熱湯をかけてニャーニャー鳴くのを楽しんだ」というのはすでに常軌を逸しています。

 

脇腹を裂かれた子猫もみつかっているので、それも新村容疑者の仕業かもしれません。

動物好きの人たちには到底理解できない、残虐な事件です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です