『たてがみ連続切り取り魔』名馬のたてがみ切り取りメルカリに。調教師ら激怒

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

北海道で往年の名馬のたてがみを切り取り、メルカリに売るという事件が起きています。

 

このたてがみ。

 

馬にとっては身体の一部です。

 

名馬のたてがみ切り取り事件

 

現在、北海道の牧場で起きている名馬のたてがみ切り取り事件。

 

タイキシャトル、ローズキングダム、ウイニングチケット、ビワハヤヒデといった名馬のたてがみが連続で切り取られていたことが判明しました。

 

競走馬の命とも言えるたてがみを狙った悪質な犯行に、トレセン関係者からすさまじい怒りの声が湧き上がっています。

次々と切り取られるたてがみ

 

18日に北海道浦河町の観光宿泊施設「うらかわ優駿ビレッジアエル」でけい養されている1993年の日本ダービー馬ウイニングチケット(29歳)のたてがみの一部が何者かに切り取られ、同施設が道警浦河署に被害届を提出しました。

 

施設関係者によると、16日朝にたてがみ幅10センチ、長さ20センチが切られているのが見つかっています。

 

また、15日には日高町のヴェルサイユファームでけい養されているGI・5勝馬のタイキシャトル(25歳)と、GI・2勝馬ローズキングダム(12歳)のたてがみが切り取られていたことが判明しました。

 

さらに、20日には北海道日高町の日西牧場にけい養されているビワハヤヒデ(29歳)のたてがみが16日に何者かに切り取られていたことが発覚。

 

 

 

日西牧場では、警察と話してから被害届を出すか決めるとしています。

 

たてがみがメルカリに出品される

 

これら名馬のたてがみはフリーマーケットアプリ「メルカリ」に出品されていました。

 

すでに削除されていますが、ウイニングチケットのたてがみが2555円、タイキシャトルが3999円で出品。

 

過去にはメルカリでディープインパクトやキタサンブラックのたてがみが、高額なものでは9万5000円で落札されたことがありました。

たてがみ連続切り取り魔の逮捕を急ぐ

 

この連続する名馬のたてがみ切り取り事件に、競走馬を管理するトレセンでも怒りの声が上がっています。

 

馬を大事にし、大切に調教してきた調教師にとってはたてがみは馬の身体の一部であり、それを切り取りネットで販売することは悪質な犯罪行為だと語っています。

 

トレセン関係者にとってたてがみは重要な意味を持っており、管理馬が予後不良となった際にはたてがみが遺品として渡されるなど、昔から馬と人をつなぐものとしてたてがみをお守りとして持っている関係者は多数います。

 

競走馬の命ともいえるたてがみを狙ったこの悪質な犯行については、現在、器物損壊の疑いで浦河署が捜査中です。

 

一刻も早い犯人の逮捕が望まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です