『チュート徳井』約1億2000万円の申告漏れで緊急会見。気になる今後の芸能活動は

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

お笑いコンビ、チュートリアルの徳井義実(44)が7年間で計約1億2000万円の申告漏れを指摘された事件。

 

徳井が緊急会見を開きました。

 

参照:日刊スポーツ

チュートリアル徳井が謝罪会見

 

東京国税局に7年間で計約1億2000万円の申告漏れを指摘されたお笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44)が23日、吉本興業大阪本社(大阪市中央区)で緊急会見を開きました。

 

悪意をもって、意図的な隠蔽(いんぺい)したのかについて質問された徳井は「もし説明が足りないのでしたら、いつでも説明させていただきます。納税のことですので、悪意もくそもないと思っています。『悪意がないんです』ってことを分かってもらおうとは思わない」と話したということです。

 

脱税の概要

 

徳井は吉本興業から支払われるテレビの出演料などを、09年に設立した個人会社「チューリップ」(東京都世田谷区)を通じて受け取っていました。

 

しかし、税務処理の中で、同社は12~15年、徳井の個人的な旅行、洋服代、アクセサリーなどの代金を必要経費として計上したが、国税局はこれを認めず、約2000万円の仮装隠蔽を伴う所得隠しと認定しました。

 

また16~18年の3年間、所得を無申告。

 

国税局は約1億円の申告漏れを指摘したとみられています。

 

追徴税額は重加算税などを含め約3400万円。

 

修正申告などを既に済ませたということです。

 

自分のルーズさが招いたこと

 

徳井は今回の脱税について、「想像を絶する本当にだらしないルーズさによって、3年たまってしまった」と話しています。

 

銀行に行くことや領収書を税理士に出すことを明日でいいやと先のぼし。

 

その結果、3年の間「所得が無申告」になったと語っています。

 

しかし、この理由はいくらなんでも無理がありすぎます。

 

今後の芸能活動について

 

今後の芸能活動については「僕としてはできればお仕事をさせていただきたい」と活動継続の意志を明確にしました。

 

しかし、「劇場のお客様、テレビ、ラジオの前のみなさまが『徳井が出てると気分悪い』とおっしゃられるのであれば、致し方ないと思います」とも話しました。

 

世間の反応、テレビ局など制作側の意見を聞き入れて、今後の方針を決めることとしています。

 

芸能活動を自ら自粛するのではなく「お客様」に活動の継続を預けるという珍しいパターンです。

 

今後、芸能活動を自粛したとしたら、芸能界に大きな衝撃が走ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です