『モンスタークレーマー』クレームをいれて20代の女性に自宅で暴行・函館

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

なにかと因縁をつける「クレーマー」。

 

その中でもボス級の「モンスタークレーマー」の対応には、仕事でいつも苦労しています。

 

函館で、クレームを会社にいれて女性に暴行を働いた無職の男が逮捕されました。

 

20代の女性にクレームをいれて自宅に呼び出す

 

20代の女性にクレームをつけ、自宅に呼び出し暴行しようと腕をつかむなどしてケガをさせたとして、北海道函館市の55歳の無職の男が強制わいせつ致傷の疑いで逮捕されました。

 

男は2019年8月21日午後2時ごろ、函館市内の自宅で20代の女性に無理やり暴行しようと両腕をつかむなどしてケガをさせた疑いがもたれています。

検針している女性がクレームで訪問

 

20代の女性は男の家を含む周辺でガスの検針の担当をしており、事前に男から女性の会社に何らかのクレームが入り、対応するため訪問したということです。

 

警察の調べに対し男は、「拒否されたので腕をつかんだ」などと容疑をおおむね認めているということです。

 

怪我をした後に、女性が警察に相談し事件が発覚しました。

 

現在、詳しい経緯を警察が調べています。

悪質なモンスタークレーマー

 

メーター検針は、北海道ではよくアルバイトを募集しています。

 

女性は、会社にクレームをいれられ自宅をひとりで訪問したものと思われます。

 

通常、クレームが入れば会社の上司なりが一緒に訪問しますが、なぜ女性ひとりで訪問させたのでしょう。

 

女性ひとりでのクレーム対応は少なからずこのような危険があるのでやらせないのが会社の常識です。

55歳の無職の男は生活保護受給者か

 

55歳の無職の男。

わたしは、生活保護受給者のような気がします。

 

そうでなければ、強制わいせつ致傷で実名報道されないというのもおかしな話です。

報道でも、この男の責任能力を考慮して実名での報道を躊躇している可能性があります。

 

こういう「モンスタークレーマー」。

対応は慎重にしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です