『上から目線が嫌だった』夫が妻を殺害し両足を切断した理由

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

同い年の夫婦で夫が妻を殺害

 

神奈川県平塚市の海岸で27日、両脚が切断された女性の遺体が見つかった事件で、県警捜査1課などは28日、死体遺棄容疑で会社員の平聖也容疑者(26)=川崎市宮前区=を逮捕しました。

 

女性は妻の楓吹さん(26)で、出頭した同容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。

平容疑者は、27日午前2時15分ごろ、平塚市高浜台の海中で、楓吹さんの遺体を遺棄しました。

自宅の川崎市から平塚までは40キロ以上あります。


平容疑者は遺体遺棄後、27日午後8時ごろ川崎市内の警察署に出頭しました。

 

平容疑者が殺害した妻の両足を切断した理由

 

平容疑者は警察の調べに対し、遺体をスーツケースに入れて運んだと供述しており、両足を切断したのはスーツケースに入れるためと話しているということです。

 

妻の殺害理由については「(妻の)上から目線が嫌だった」と供述しているということです。


近所の人は2人が喧嘩している声など聞いたことがないとテレビの取材で話していました。

 

一体2人に何があったのか。

現在警察が詳細について調査しています。

 

【下半身切断遺体】犯人は26歳の夫‼︎妻を殺害し海に捨てる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です