『妹が虐待されている』長女が児相に通報。母親と内縁の夫逮捕

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

母親の内縁の夫と母親が娘を虐待

 

5歳の次女のほおを殴ってけがをさせたとして、福岡県警は2日、母親の美容師堀内恵(39)と、内縁の夫のとび職坂本英樹(46)の両容疑者を傷害の疑いで逮捕したと発表しました。


堀内容疑者は「言うことを聞かず、腹が立った」と容疑を認め、坂本容疑者は「堀内容疑者がたたいていた」と供述しているということです。

 

内縁の夫は母親に罪をなすりつけています。

長女が妹が母の交際相手から虐待されていると通報

 

警察によると、2人は4月下旬か5月上旬ころ、堀内容疑者の自宅で次女の顔を複数回平手で殴り、2週間のけがを負わせました。

 

坂本容疑者は「食事の行儀が悪く、くせを直すように(堀内容疑者に)言った」という趣旨の供述もしているということです。

 

子どもは坂本容疑者が暴力をふるったと話しており、坂本容疑者は母親の堀内容疑者にいってしつけをさせたと供述しています。

兄弟3人の長女が児相に通報


堀内容疑者には暴行を受けた次女のほかに10代後半の長女と長男の計3人の子どもがおり、長女が5月上旬、「妹が母の交際相手から虐待されている」と児童相談所に連絡し、児相が警察に連絡し次女が怪我をしているのを確認し、3人を一時保護しました。

 

通報した長女は10代後半なので児相に通報するということができたと思いますが、さらに小さい子どもならそれすらできなかったでしょう。

 

母親と交際相手が子どもたちを虐待し、交際相手は母親に罪をなすりつけるというなんともひどい事件です。

 

最近、母親とその交際相手による子どもへの「虐待」が続いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です